今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

リパトリ(リパトリエーション)とは? 3月はリパトリで円高になりやすい説を検証

 

2016年3月になるので、今日はリパトリの用語解説をしていきたいと思います。

リパトリ(リパトリエーション)とは?

リパトリはリパトリエーションの略で、「Repatriation=本国送還」。つまりFXや株では海外投資家が自分の国に資金を戻すという意味ですね。 

日本は、3月に決算期を迎える企業が多いため、輸出業など海外進出を行う企業は、日本へ海外での儲けを送金し、円転する(リパトリ・リパトリエーション)ことによって、円高になる傾向にあると言われているのです。 

用語の解説としては上記の例文で何となく伝わったかと思いますが、3月ですので実際、リパトリで円高になりやすいって本当なの?を検証してみましょう。

3月相場の傾向:3月はリパトリで円高になりやすい?

よく3月はリパトリで円高になりやすいと、相場関係者がおっしゃっていますが、本当なのでしょうか?

以下に、2000年~2015年の3月月足データをまとめてみました。

日経平均 ドル円
2015年3月 月足陽線 2015年3月 月足陽線
2014年3月 月足陽線 2014年3月 月足陽線
2013年3月 月足陽線 2013年3月 月足陽線
2012年3月 月足陽線 2012年3月 月足陽線
2011年3月 月足陰線 2011年3月 月足陽線
2010年3月 月足陽線 2010年3月 月足陽線
2009年3月 月足陽線 2009年3月 月足陽線
2008年3月 月足陰線 2008年3月 月足陰線
2007年3月 月足陰線 2007年3月 月足陰線
2006年3月 月足陽線 2006年3月 月足陽線
2005年3月 月足陰線 2005年3月 月足陽線
2004年3月 月足陽線 2004年3月 月足陰線
2003年3月 月足陰線 2003年3月 月足陰線
2002年3月 月足陽線 2002年3月 月足陰線
2001年3月 月足陽線 2001年3月 月足陽線
2000年3月 月足陽線 2000年3月 月足陰線

ここ数年は陽線ばっかりじゃん!(=ドル高円安)

まず、3月の日経平均とドル円の関係を見てみると、特にここ10年間の関係性が強いことがわかります。 (2011年だけ日経平均とドル円の関係が崩れていますが、この年は皆さんご存知の通り、震災があり、協調介入によってドル円を押し上げたためと思われます。)

という事で、多くの企業が利用するドル円を見る限り、円高ではなく円安になっている傾向にあります。

おさえておきたいポイントとしては、3月末日ギリギリまで企業が円転・円を買っているわけではないことにあります。

多くは2月中旬~3月中旬にかけて円買いを行うため、この時期はドル円が上昇すれば、輸出業は高いところを円に替えたいですし、逆に輸入業はドル円が下がれば、できるだけ安いところで買いたい心理が働きます。

ですから、前日の欧州・ニューヨーク時間にドル円が上昇すれば、ドル円は東京市場中に売りに圧される傾向がありますし、逆に下がっていれば、買い戻されることが多くあります。
この実需の売買が多く出る時期を過ぎれば、また投機のマネーの流れで相場は動くようになります。

その頃から、今度は株式市場で配当の権利取りの話になってきます。

配当金を得るために投資家は株を買い、今年は3月28日が権利付き最終日になりますが、この日に株を保有していれば、基本的には3月末決算企業から配当を得ることができます。押し目場面では、投資家は株を買う傾向が見られ、大きく株価が崩れにくい、あるいは上昇もしやすいため、ドル円も株価につられ、下値の堅い、あるいは上昇する傾向が多くみられます。

企業もまた、投資目的に買っている株式の評価益を上昇させるために、買い増し、いわゆるドレッシング買いという効果で株価を上昇させることにより、ドル円もその株価の上昇につられやすくなります。

また、2013年~2015年にかけては、大きく円安が進んだ場面でもあるため、必要な日本への送金以外には、円転を控えたと思われます。円安のトレンドが出ているわけですから、海外に資産を置いていたほうが、資産が円安効果で膨らむわけですから、無理に送金するよりも企業にはメリットがあったのです。

2016年の3月リパトリはどうなの?

しかし、今年は昨年までとは違います。

せっかく円安効果で膨らんだ資産が円高傾向によって値減りしているわけですから、日本へ送金して円転したほうが企業にとってはメリットがあります。

1月24日の日銀マイナス金利導入時につけた121円68銭以降、企業の円転が頻繁に出ていると思われます。上昇の場面ではもちろんですが、今回2月のような円高局面でも、どこまでドル円が下がるかわからないわけですから、焦って円に替えようとします。これに投機の売りも重なり、売りが売りを呼ぶ状態となり、更に円高が進むのです。これからまだ3週間ぐらいはレパトリがあってもおかしくない時期です。

ただし、3月は日本が決算期の企業が多いため、政府が選挙対策のため、株価下支え、円高牽制に躍起になっていると思われるため、日経平均・ドル円ともに下げた場面での、急な上昇には気をつけたいものです。

image001
表①:日経平均株価 日足チャート(赤:陽線 緑:陰線 1月21日~2月26日)

上のチャートは日経平均の日足チャートですが、ローソク足の上に矢印↓のついている日は、全て日銀が毎回330億円ETF買いを行っています。

2月3日~12日までは7営業日連続でETFを買い、株価の下支えを行っています。 これはちょっと今までと違い異常です。政府からの圧力が掛かっているものと思われます。

ドル円に関しても、2月は介入か?と騒がれ、本日29日19:00になれば、2月の介入実績が分かるので注目したいと思いますが、おそらく財務省⇒日銀ではドル円買いの介入は行っておらず、GPIFや他の御上に買わせていたものと思われるため、表面化はしないと思われますが2月に何度かあったドル円の急な上昇は御上によるものと思っています。

日本の輸出関連企業の想定為替レートが115円以上の企業が大変多いため、3月も日経平均・ドル円ともに下げた場面では、買ってくる可能性は十分あると思われます。


>> FX用語解説!~ドル円が動くのはなぜなのか?~の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年3月最新版!

初心者向けに、プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設
optioncolor

通貨ペアだけでなく、金などのコモディティ取り引きをしたいならコチラ。特にゴールドは慣れると動きが分かりやすいとの声もあるので修行してみるのもいいかもしれませんね。

無料口座開設
traderush150

老舗のサイトで出金経験もあります。 信頼性は高いです。SKYPEで担当者と会話が出来て攻略法なども教えてくれます(英語でやり取り)英語のページに飛びますが右上のタブで日本語に出来ます

無料口座開設
private

今すぐお金が欲しい方は特に必見という刺激的な宣伝文句が印象的。 日本人向けでボーナス等も充実しています。 堅実的にじっくりやるというよりはギャンブル感覚が強めに感じましたがやっぱりそういうのが日本人はお好きなようで人気なのでご紹介しておきます。

無料口座開設