今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

金融緩和・追加緩和とは?なんで円安になるのか

 

kinyu
黒田バズーカ2が2014年の秋にあって円が売られて一気にドル円が上昇しましたよね。 これは日銀の金融政策で「追加緩和を行います」という発言があったからです。

「追加緩和に関しての発言があってドル円が上がりましたね~」とか「量的緩和で円が売られた~」とかよく飛び交いますよね? ここでは追加緩和って何?

金融緩和すると円が売られるのは何故?

金融緩和(政策)とは

金融緩和政策は、国全体の景気が悪く、世間のお金の流れが滞っているときに、お金の流れを良くして、結果的に景気を改善させようとの目的で行われる、経済政策のひとつです。

追加緩和というのは文字通りすでに実行されている金融緩和政策に、追加で上乗せして金融緩和政策が行われることです。

景気がいい時はお金が回るというの分かりますよね?

簡単に言えば、

お店で物を買う→店が儲かる→沢山仕入れる・店舗拡大→お店がもっと儲かる・働く場所が増える→従業員の給料アップ!→給料アップして余裕ができたらお店でもっと物を買える→お店がもっと儲かる→もっと沢山仕入れる→(繰り返し)

といったようにお金が回る=景気が良いという事になります。

で、「流れが悪いからここにお金を投入して流れをよくしよう」という政策が「金融緩和」なのです!

テレビのキャプチャーがありました。↓これが日銀黒田総裁です。
kanwa

この説明だけだとメリットばかりですよね。 デメリットに関しては後に記載します。 まずはドル円との絡みを。

為替への影響~円安になる理由~

で、なぜドル円が動くのか? 基本的には「追加緩和します」なんて言ったらドル円は上昇しますね。その勢いは凄いですよ。 これは円が売られるからです。 円安=ドル円上昇というわけです。

理屈は単純で、円の価値が下がるからです。 モノも、沢山あるときには値段が下がります。それと同様に、その国に流通するお金が増えることになることから、その通貨の価値は世界的には下がるわけです。 ここが今回の重要なポイントですね。

別のケースで言い方を変えてみると、例えば「アメリカのFRBが政策金利を下げる(=金融緩和です)決定をした」とのニュースが流れたとすると、アメリカ国内に米ドルの流通が増えると見込まれることから、米ドルの価値が下がり、ドルは売られるため、ドル安=ドル円下降となります。

二つの「緩和」量的緩和について

もうちょっと詳しく解説します。 ここは飛ばしてもいいです。

具体的な「緩和」は、ひとつは各国の中央銀行(日本の場合は日本銀行)が、全国の金融機関にお金を貸し出す際の金利(政策金利)を引き下げる決定をすることです。 (=逆が利上げ。FOMCの利上げが~利上げが~というのはコレ)

もうひとつは、中央銀行が全国の金融機関の資産である国債などを買い取り、金融機関のお金を増やすことです。「量的緩和」などとも呼ばれます。

この決定は、自国の景気状態だけではなく、諸外国との関係についても考慮され、関係が深い諸外国の景気の影響によって自国の景気が良くなりそうなのか悪くなりそうなのか、ということも調査され、慎重に検討されて決められます。

いずれも、「緩和」のときには、金融機関や銀行は会社や個人への貸し出しに使えるお金が増えて、たくさん貸し出せるようになります。

また、金利が下がれば、借りる側には、お金を将来返すときに一緒に返す利子が少なくて済みます。一般の金融機関は、中央銀行からお金を借りやすくなります。
一般の金融機関も、一般の会社や個人に低い金利でお金を貸し出そうとします。

このため、一般の会社は、金利が低いうちに銀行からお金を借りて、支店や工場を増やそう、と考えることになります。支店や工場が増えれば、働く場も増えることになります。また、個人も、銀行からお金を借りて家を建てたり車を買ったりなど、高価なものも買いやすくなることで、消費拡大につながります。
結果的に世の中のお金のめぐりがよくなって、景気の回復につながることが期待されます。

なお、金融緩和政策の実行時期が決まるようなニュースが流れたり、追加緩和されるとの憶測のニュースが流れたりすると、その国に流通するお金が増えることになることから、その通貨の価値は世界的には下がります。

ただしこれは「一般的には」の話であって、実際のときの相場が上がるか下がるかは、そのとき同時に起こっている様々な国際情勢などの状況にもよるため、いつも必ずそうなるとは限りません。

金融緩和のデメリット

お金を回す事で景気が良くなるというのは分かりますよね。 じゃあ、「紙幣をたくさん印刷して、ばら撒けばいいだけじゃないの?」という疑問が生まれるわけですよ。  デメリットも知りたいですね。

お金と物の価値のバランス

が金融緩和政策のポイントで、現在のデフレ状態では将来に向けてお金大事だな~貯金しよう~という心理は、お金>物という心理なわけですね。 物が売れない=景気が悪い=給料安い=物買わない=物売れない=給料安いの悪循環。

ここにお金を投入して、お金<物となったらどうでしょうか。

お金より物に価値がある=物を買う=商品売れる=賃金上がる=物買う=賃金上がる=バブル ですよね。

これの何が悪いのか? デメリットは?

「モノよりもお金が多い」状態になってしまうと、少ないモノは「高くてもいいからほしい」という人に売られていきます。

お店は「高くても売れるんだったら、高くしよう」としますよね。結果、物の値段が上がってお金=物というバランスに近づいていこうとします。 120円のジュースが1200円とかになりますね。

お金の価値が下がる事が最大のデメリットです。 正に円安に直結しているわけですね。

ただ、まだしっくりきません・・ジュースの値段が10倍になったとしてもお給料が10倍になれば我々としては通貨の単位が変わるだけですよね。 ジュースの値段が上がったけど給料が上がらない場合はデメリットですね。

これはどっちが先か?という話ですよね。 インフレのデメリットを訴えている人は賃金が遅れてついてくる。先に物価が上がるから物が買えなくなると言い、インフレ推進家は、需要があって物価が上がるのだから先に賃金が上がらないと誰も買わない。

つまり、物価が上がっている=賃金も上がっているという事なのだという各々の主張があります。

分かりやすいのが、既にがっぽり稼いで貯金で暮らしている人・資産家にとってはインフレは絶対に困るという事。 例えば退職金1000万円もらいました→インフレが進むにつれてその価値が低くなってしまいます。 つまり、アベノミクス以前のデフレ現象はお金の価値がどんどん高まるので現在の金持ち・高齢者には有利だったのです。 むむ・・なんだかキナ臭くなってきましたね。

ちなみに、物価が上がって落ち着いたら、物が売れる量は変わらず結果的にお金の価値が下がったという結果が残ります。

収入格差が広がるという懸念もあります。 1億?安いじゃんみたいな世界なわけですから、収入が0円~1億とかそんな感じになるのでふり幅が大きい=収入格差が生まれるというのイメージ沸きますかね。

日本だけで勝手にやった事だと、円の価値が下がれば海外の物が高くて買えないという事になります。

日本はデフレ脱却=インフレ=金融緩和政策

日本の景気が悪い・デフレだと言われて15年くらい経つわけで、就職氷河期なんて言葉もあって「景気が良くていい感じ」とは思えないですよね。 安倍政権ではデフレ脱却、インフレを目指しています。

なんでここまで金融緩和をしなかったの? と疑問が生まれます。

経済学者の上念司さんが声を大にしてずっと訴えているのですが、黒田総裁になる前の旧日銀によるミステイクだという説もあります。 安倍政権になり、黒田総裁とタッグを組み、金融緩和だ!デフレ脱却だ!というのがアベノミクスの一つです。

「上念司 金融政策」 で検索したり本を読むと金融政策に関しては詳しくなれるでしょう。 ズバズバ言うので人気ですが、ゆえに「間違ってたじゃん」という事もあります。 ただ、金融緩和の件に関しては過去に発言していたことが今になってその通りになってきたな、という事はデータで出ていたりして興味深いです。


>> FX用語解説!~ドル円が動くのはなぜなのか?~の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年3月最新版!

初心者向けに、プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設
optioncolor

通貨ペアだけでなく、金などのコモディティ取り引きをしたいならコチラ。特にゴールドは慣れると動きが分かりやすいとの声もあるので修行してみるのもいいかもしれませんね。

無料口座開設
traderush150

老舗のサイトで出金経験もあります。 信頼性は高いです。SKYPEで担当者と会話が出来て攻略法なども教えてくれます(英語でやり取り)英語のページに飛びますが右上のタブで日本語に出来ます

無料口座開設
private

今すぐお金が欲しい方は特に必見という刺激的な宣伝文句が印象的。 日本人向けでボーナス等も充実しています。 堅実的にじっくりやるというよりはギャンブル感覚が強めに感じましたがやっぱりそういうのが日本人はお好きなようで人気なのでご紹介しておきます。

無料口座開設