今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

FRB議長人事でイエレン議長は退任するのか?ドル円相場に注意

 

講師 女性 Eye glasses teacher touching chin with index finghいよいよ今年も残り3ヶ月ということで、FX相場もラストスパートに向けた時期にさしかかることになりますが、今年に関しては株が大きく調整しなかったことから為替も驚くほど下げる局面はなく、ドル円は年末にむけてすんなり上昇するかどうかが非常に注目されることになりそうです。

そんな中であらかじめ予想はされていたものの、現実のテーマとなってきているのが米国の次期FRB議長人事に関する問題です。
image002
ドル円日足ボリンジャーバンド

2018年はFRB5名の常任メンバーが入れ替え

FRBでは目先の人事として来年2月で任期が切れるイエレン議長が継続するのか退任するのかが大きな注目点となっていますが、足元のトランプ政権の動きでは新たな議長を探していることは間違いないようで、今月中にその候補が明確になりそうな動きになってきています。

FRBの理事は1935年に制定された銀行法に基づき、大統領が指名して上院の承認を経て任命されることになっています。

構成メンバーは議長、副議長2名に理事職が4名という構成ですが、これまでは副議長1名と理事1名が選出されておらず5名で構成されてきたわけです。

ただ、今年4月にタルーロ理事がトランプのドッドフランク法廃止の意向に強く反発してすでに辞任しており、9月には影の議長とさえ呼ばれたスタンレー・フィッシャー副議長が10月での辞任を表明していますので、イエレン議長が交代することになれば7名中5名を入れ替えすることになり、12月まである程度見えてきた金融引き締め政策もその後のメンバーによってまた緩和的な方向に再巻き戻しとなる可能性もあり、ここからのFRB議長の人選とそのほか4名の副議長、理事の選出はかなりFX相場にも大きな影響を与えることになりそうです。 緩和策になったらドル円は一気に落ちますよ。 

トランプはイエレン、コーン、ウォルシュ、パウエル各氏と面談か

メディアの報道によればすでにトランプはイエレン議長をはじめとして、NECコーン議長、現職のFRB理事であるパウエル、そしてブッシュ政権時代のFRB理事であったウォルシュと面談していることが明らかになってきています。

しかしコーンはこの夏最有力候補として名が上がったものの、トランプの人種差別発言からかなりの確執を生み出してしまったようで、政権を去ろうとした人物がトランプ政権下でFRB議長になる可能性は極めて低くなっています。

となると共和党とも親和性の高いパウエルかウォルシュかという選択肢が俄然注目されることになりそうです。ただ、ウォルシュはトランプとも個人的に交流があるもののこれからFRBに再度理事として入ることがまず必要ですし、彼の主張は中央銀行の緩和措置に対してかなり厳しいものとなっていることから、ややもすればイエレン以上に金融引き締めに走りかねないだけに果たしてトランプの政策意向との親和性がどこまであるのかは未知数な状況です。

新FRB体制次第では政策変更から株価も延命の可能性

7のつく年は本来米国の株式相場もそれなりに調整が進む時期がやってくると見られていましたが、今年は夏から北朝鮮問題で瞬間的に下げる以外はまったく調整局面が見られない状況になりつつあります。先ごろ発表されたトランプ政権の減税策が本当に年末までに形になるとすれば、足元のバブル相場が来年の中間選挙まで延命する可能性もあり、FRBが来年以降無理して利上げを行わなければさらにそれが継続するという驚くべき展開も可能性としては残されている状況です。

こうなるとドル円は一旦上昇してもその後は大きくドル高にはならないリスクも残されており、トランプ政権の政策とFRB人事は為替トレードでは非常に注目すべき材料ということになりそうです。

北朝鮮リスクは相変わらず残されていますが、10月からのFX相場には新たな材料が投入されつつあることに気をつけたいところです。


>> バイナリーオプションブログの詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年9月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設