今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

投機筋は今年の年末為替よりも株に集中している可能性も。11月の相場考察~

 

講師 女性 Eye glasses teacher touching chin with index finghいよいよ今年もあと2か月弱、海外のファンド勢は11月後半の感謝祭を過ぎれば早々にクリスマス休暇に入る向きもあり、今年に残された相場の時間もかなり限られつつある状況です。

本来はこの9月から11月末はどこのファンドももっとも利益を獲得する時期で、FX市場もそれなりの動きを見せる時期なのですが、どうも今年はその様子が異なっているようで、ここからの取引にも注意が必要になりそうです。

てなわけで、今回のコラムは年末に向けての為替相場考察~!

 

ドル円は115円台方向が非常に重く年末まで上昇できるか不明の状態

本来年末に向けては需給の関係もありドル円は上昇する傾向が強いのですが、今年に限って言えば日米の株価の上昇に全く連動して上昇する気配がなく、週明け早々に114.700円超まで上昇したもののそこからは実需筋が売り玉を並べ立てていることから頭を抑えられる形となってしまい、上方向に抜けるのに非常に手間がかかっています。

一方下方向も生保勢が外債購入のためにドル買いで待ち構えており、上にも下にも動かない状況が続いています。
シカゴCFTCが発表している建玉明細でみましても投機筋は秋口からかなりのボリュームのドル円のロングを維持したままの状態で、このまま上昇がはかられない場合には感謝祭以降にそれなりの売り戻しが出るリスクも高まりつつあります。
image002
データCME レポート

12万枚に迫るロングの買い持ち状態は、過去の事例からいいますとその後ほぼ4%程度の下落をもたらすリスクがあり、ここからのレベルですと生保の買いがかなり並ぶといわれている110円レベルにまでまさかの下落を演じる可能性がでてきているといえます。
昨年はトランプラリーで株価の上伸にしっかり為替もついていく動きになりましたが、今年はどうやらまったくそうした連動感はないようで、年末だからドル円は上昇と決め込んでいると結構危ないリスクに直面することも想定しておく必要がありそうです。

ユーロドルは三尊天井を下抜ける動き

一方同じCMMのレポートによりますと、ユーロドルのほうも秋口からかなりユーロ買いドル売りが進みましたが、10月末のECB理事会でテーパリングの実施が明確になってから徐々にロングのほどき売りが出始めている状況です。

image004
データCMEレポートより

チャートで確認しますとユーロドルは完全に三尊天井(ヘッドアンドショルダー)のネックラインを下抜ける動きになっており、この形が騙しでないならば1.14方向まで下落するリスクがかなり高まりつつあります。
image006

今回のような典型的な三尊天井の形成はなかなか珍しいもので、年末にかけては唯一ユーロドルに期待が集まるところとなっています。
しかし足元ではこちらの動きは決して活発化している状況にはなく、ゆっくりと1.15台を下方向に動き始めているといったところです。

投機筋は今年の年末為替よりも株に集中している可能性も

今年の秋口からの金融市場は日米ともに驚くほど株価が上昇を果たしていますが、米債の利回りがまったく上昇しないことからドル円もユーロドルもFRBの利上げに大きく反応する動きは見せておらず、非常に静かな動きになってきてしまっています。

冒頭でも書きましたが投機筋の活動日数は年内かなり限られつつありますので、このままでは為替は大きな動きを見せないまま年末に突入してしまう可能性も出始めている状況です。

したがってこうした時期は明確なトレンドがでることを期待することはなかなか難しく、一定のレンジ相場になることを想定してスキャルピングやバイナリーオプションなどで利益を積み上げていくといった戦略をとることが正しい取引スタイルになってきそうです。

例年に比べますと面白味には欠けますが個人投資家にとっては大きく動かない相場はリスクもそれだけ軽減されるため、地道に稼ぐのにはもっともいいタイミングでもあるのです。


>> バイナリーオプションブログの詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年11月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設