今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

サンクスビギングデー(感謝祭)とは?為替への影響を考えよう

 

講師 女性 Eye glasses teacher touching chin with index fingh皆さまご存知のとおり日経平均は9日に一気に上昇して2万330円を付けたものの、その後大きく反対売買がでて900円以上の下落を示現するというかなありの乱高下状態を市場に見せつける結果となりました。

こうしたボラティリティの高さは明らかに相場の最終局面に登場するものですが、9月の最安値から見ますとなんと二か月弱で4000円、下値からみると20%の運用益をただき出したわけですから多くのヘッジファンドのマネージャーが一斉に利益確保に動いてもなんら不思議な世界ではない状況です。

こうした利益達成組のヘッジファンドのマネージャーはサンクスギビングデー(感謝祭)からクリスマスまで長い休暇に入る向きも多く相場に市場参加者が激減する時期にさしかかってくることになります。

多くの投機筋にとってはすでに今年は終焉に近くなってきているともいえる状況ですから、ここからは保有ポジションの巻き戻しがでることに十分な注意が必要になりそうです。

サンクスビギングデー(感謝祭)とは?

アメリカの感謝祭は、11月の第4木曜日と決まっていて、めちゃめちゃざっくり言うと、「家族と過ごす日」です。

これが、日本で言う「お盆~正月」のような感覚と同じ考えると「お休み具合」が伝わるかと思います。 

クリスマス休暇も大きなお休みですが、その前に「感謝祭」があるという事が日本では馴染みが無いので近づいてきて為替のニュースなどで「感謝祭が~」「サンクスビギングデーが~」等と口にすると「何だろう?」と思うワケです。

日本の正月のようなものと考えれば、「その前に決算する影響」というのがなんとなく見えてきますね。

それを踏まえて2017年11月中旬からの動きを解説していきます。

ブラックフライデーとサイバーマンデー

ついでに、ブラックフライデーという言葉もよく聞きます。 これは感謝祭で木曜日が完全にお休みになって、翌日の金曜日にクリスマスに向けて買い物しようぜ!とアメリカ全体がセールをして盛り上げる習慣があるからです。 

さらに、最近ではその次の月曜日に「サイバーマンデー」と呼ばれるインターネットでの大がかりなセールが行われます。 

これによって景気が上昇するので株価や為替にも影響が出るわけです。

株の上昇にはついていかなくてもしっかり下落には連動するドル円

先週の相場の動きを見ていてもわかることですが、株価の上昇にはほとんどついていかなかったドル円は株価の下落局面では一緒に下落に付き合う動きを見せており、ここから日経平均が利益確定売りで下押しした場合には無条件で下落する展開も十分に考えられます。

ドル円は下値では生保などの買い切り需要も相当でているようですが、これを突破してしまえば一定の下落を余儀なくされる可能性があり、下値は絶対であると考えないほうがいいともいえる状況です。

足元ではNYダウのほうも調整局面に入りつつあるようで、株価に押されてドル円がまさかの下落になる可能性はつねに意識しておく必要がありそうです。

問題はドル円のロングとユーロドルロング、ユーロ円ロングのほどき売り

ここで今年の年末の投機筋のポジション解消関連で問題になるのがドル円のロングとユーロドルのロング、ならびに米系ファンドが依然として多数保有したままになっているといわれるユーロ円のほどき売りになります。

ドル円はIMMの投機筋のポジションだけでも10万枚を超えているわけですから、実際にはそれ以上のロングの保有が依然として残っているはずで、これが売られたり損切されたりすると思いのほか下落することになります。

通常はドル円が下落すればユーロドルは戻すといった動きになりますが、ユーロドルのほうもかなりの枚数が上値に残っており、どちらが積極的に売られるかによって相場展開が変わる可能性がありそうです。さらによろしくないのはユーロ円のロングの存在で、そもそも架空通貨のユーロ円ですから売りに出すといっても大量にさばける通貨ペアではないことからドル円とユーロドルに分けて両方を売りに出すという動きがでるリスクも相当考えておかなくてはならなさそうです。

こうした動きが顕在化する場合比較的ユーロ円の流動性の高い東京タイムから投機筋がしかけてくる危険性も高く、感謝祭までの10日あまりはこうしたポジション整理にともなう思わぬ動きに相当注意が必要になりそうです。

とくに日本株で利益を稼げたファンド勢は資金効率の悪いFXのスタックポジションを年末に向けて一気に整理してくる可能性には相当な注意が必要になりそうです。多くのファンド勢は今年の残りにFXでの大きな利益獲得をあきらめている節もありますから、思い切った換金策がでると想像以上に相場が下落することもあり得ますからいつも以上にこの時期は注意が必要です。

昨年に比べて今年の年末に向けての相場はかなり雰囲気が異なっていますから、通常年末にむけて上昇するはずのドル円も一旦まさかの大幅下落などという事態も十分に想定されます。

もちろん下げてから反転上昇といったこともありえますので、どちらに動いても対応できるような売買姿勢をもっていることが重要になりそうです。


>> バイナリーオプションブログの詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年11月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設