今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

イエレン議長の言う「高圧経済」理論とは?12月利上げ観測を真剣に考える(コラム)

 

今年、為替市場では最大の注目点となっているのが米国の利上げ時期の問題ですが、昨年12月段階では年間4回の利上げを示唆したFOMCは結果としてまだ1回も実現できておらず、年内に利上げがあるのかどうかが非常に大きな関心事となってきています。

Fed Watchでは12月利上げ確率は73.9%に上昇

image002
Source FedWatch
FRBの利上げを占う意味では毎回注目されているCMEが発表しているFedWatchによるフェデラルファンドレートの確率ですが、11月は既に利上げなしと織り込んでいるものの、12月にFOMCでは既に73.5%の利上げ確率となっておりいよいよ市場はFRBの利上げをしっかり織り込みつつあることがわかります。

高圧経済という新たな言葉を持ち出してきたイエレン議長

image004
Photo AP
米国では10月ヒラリークリントンとドナルドトランプによる大統領選のテレビ討論会が大きく注目されることとなりましたが、そのちょうど狭間にあたる10月14日、ボストン連銀主催の会議で発言したイエレン議長は高圧経済という聞きなれないことばを持ち出して足元の経済状況を説明しました。

この高圧経済とは、供給能力よりも需要が上回り、投資などが活発化してさらに需要圧力が高まる傾向にある経済のことを言うそうで、イエレン議長はこの会議の席上、高圧経済をしばらく維持することによってグレートリセッションで打撃を受けた成長トレンドの一部を修復するというのは説得力のある見解だと述べています。

つまり判りやすく翻訳すれば、金融緩和でこれまでどおりカネをバラまき、財政出動で景気を刺激することを当面続けるしかないということを示唆しているもので、この発言が報道されるとドル円は当然下落に転じることとなりました。

それもそのはずで景気が回復しているからこそ金利を正常な状態に戻そうとするのが今回の利上げの最大の目的であるわけですから、今後とも緩和を続けるしかないというイエレン議長の発言は12月の利上げとの整合性をまったく欠いてしまう発言にもとれるわけです。この発言が飛び出した当初はそれほど話題にならなかったものの、米国の大統領選挙がクリントン有利の情勢に傾いたあたりから俄かに関心が高まり始めており、その真意は一体どこのなるのかが大きな問題になりはじめています。

イエレンの高圧経済理論発言をめぐっては三つの憶測

このイエレンの高圧経済理論発言をめぐっては三つの憶測がではじめています。

まずクリントン政権の誕生の可能性が高まってきていることから、安定的に新政権がスタートできるように利上げ時期をあえて後ずれさせて政権のスムーズな開始をサポートする狙いがあるのではないかとする説です。

イエレン議長が民主党支持であることはよく知られていることですから、初の女性大統領となるヒラリークリントンを外郭的に支持するためにこうした策に出る可能性は確かに考えられるものとなります。

また一方では9月にしきりに利上げをほのめかしたフィッシャー副議長の発言と結果的に利上げにならなかったFOMCの結果の理由を説明するためにあえて持ち出してきたのではないかという説です。たしかに10月14日ともなれば9月のFOMC結果を説明したものだといわれれば一定の納得が得られるものです。

さらに、イエレン議長は市場が思っている以上に米国経済は悪い状況にあり、本当に利上げをすべきタイミングではないことを示唆しているという見方です。

市場のコンセンサスを非常に重視するイエレン議長ですから、すでに70%以上が利上げを織り込んでいる状況ではとりあえず12月利上げだけは行って後は当分様子見とするのではないかといった見かたも出てきていますが、最悪12月はまたしても利上げなしという観測も強くなっており、市場は混沌としはじめています。

金利の上昇は財政出動への市場期待の高まり

一方、米国の10年債利回りは上昇の過程にあります。
image006
Source Bloomberg

これは、米系大手証券会社の多くが今後10年債利回りが2%に到達する程度まで上昇するとしたレポートにファンド勢が乗っているという見かたもありますが、次期米国大統領がどちらの候補で決着しても、米国は久々に大型財政出動をすることになるという期待が高まっていることもその大きな理由になっており、ヒラリークリントンはニューニューディール政策の実施を公約の中に入れていますし、ドナルドトランプのほうもかなり大規模な財政政策を示唆していることがこの背景にあるものと見られています。

9月に来日して国内で講演を行った新債券の帝王の異名を持つダブルラインキャピタルのジェフリーガンドラックも、日本と欧州におけるマイナス金利政策の失敗を教訓に政策の軸足が金融から財政にシフトしようとしているのを市場の一部がいち早く察知したと指摘しており、同様の見かたを強めています。実際の国債金利が上昇しているわけですから、FRBが後追いで政策金利を上昇させても何の意味があるのかという指摘もではじめていますが、中央銀行の政策と債券市場との間にすでに乖離が生まれていることもまた事実となってきているのです。

利上げ先送りならドル円は一旦円高に逆戻り

ここからのドル円相場の予想は難しいものになりますが、もし12月にも利上げが行われなければ一旦ドル円は下落方向に動くことが予想されます。また利上げが行われても米国の株価が大幅に調整することになれば日経平均も連動して下がることになりますから、こちらも材料で尽くしで下げに転じる可能性があります。

ただ年明けに新政権で財政出動が本格化すれば国債金利は上昇しながらも株価の上昇が期待できるため、ドル円は再浮上してくることも考えられます。ただし、米国は新政権になってもドル安を志向してくる可能性は極めて高く、一時的にドル円が上伸する機会を得ても長く続かないリスクも追うことになるのです。このように政策の実行次第、またどちらの大統領候補が政権になるかによってもここからのドル円の動きはかなり微妙に異なるものとなりそうです。

足元のドル円の最大リスクとして浮上したヒラリーメール問題

10月24日週、ドル円は久々に105円を回復するまでに上伸し、28日のNYタイムではLondon Fix直後に105.524円まで上昇し105円台で週を越すものとみられていましたが、日本時間の午前2時過ぎにヒラリーのメール問題でFBIが捜査を再開するといった報道がヘッドラインに踊った途端にずるずる相場は値をさげ、なんと105円台の最高値から一気に1円以上下落を示現するという厳しい展開になりました。

image008
同日に発表になった米国の経済指標でもほとんど動かなかったドル円が、アルゴリズムの過剰反応があったとはいえ、ここまで大きく下落することになったのは大統領選に関する不透明感に相場が非常にセンシティブになっている証拠で、11月8日までヒラリーメール問題がどのような動きになるのかは全く不明ですが、ニュースのヘッドライン上にネガティブな材料が飛び出せばそれなりにドル円はリスクオフの円高になりそうな状況となってきています。

またまさかのトランプ勝利が現実のものとなれば6月のBREXIT騒動の下落をしのぐ勢いでの株と為替の下落が出る可能性もあり、FOMCの12月利上げの話もすっかり飛んでなくなる危険性もでてくることとなります。これまで大統領選とFOMCの利上げ問題は比較的パラレルに動いてきた感がありますが、ここへ来て一気に連鎖を引き起こすことになりそうで、ドル円の動きには相当注意して売買を行うことが必要になるでしょう。


>> バイナリーオプションブログの詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年3月最新版!

初心者向けに、プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設
optioncolor

通貨ペアだけでなく、金などのコモディティ取り引きをしたいならコチラ。特にゴールドは慣れると動きが分かりやすいとの声もあるので修行してみるのもいいかもしれませんね。

無料口座開設
joy

約定がかなり正確で早いのが特徴。 チャートの動きもMT4のチャートに忠実で、目押し攻略のチャンスです。 ペイアウト倍率が高めで使い勝っても良く初心者に分かりやすいサイトだと思います。  いろんな今後攻略法もどんどん出てきそうです。

無料口座開設
traderush150

老舗のサイトで出金経験もあります。 信頼性は高いです。SKYPEで担当者と会話が出来て攻略法なども教えてくれます(英語でやり取り)英語のページに飛びますが右上のタブで日本語に出来ます

無料口座開設
private

今すぐお金が欲しい方は特に必見という刺激的な宣伝文句が印象的。 日本人向けでボーナス等も充実しています。 堅実的にじっくりやるというよりはギャンブル感覚が強めに感じましたがやっぱりそういうのが日本人はお好きなようで人気なのでご紹介しておきます。

無料口座開設