規制後、日本のバイナリーオプションはどう変わったか?

 

2013年11月に日本ではバイナリーオプションの取引方法に関して規制が入り、大幅にルールが変更になりました。

GMOクリック証券を例に挙げると、
GMOクリック証券
以前は、この画面。
・11:15~11:25の間に、11:25よりも11:35の時点でHIGHなのか?LOWなのか?を当てる。
・レートは均一で1.85倍。
・HIGHでもLOWでもない、ハズレのゾーンがある。

だったのが、

・まず、HIGHかLOWのボーダーラインが変更。 上記なら、今のレートに近い、101.40、101.50、101.30・・どのラインでも選ぶことが出来る。

・レートは常に状況に応じて変動する。 なので、101.60よりLOWだ!と自信をもって当てたとしても、1.0倍で意味がない。 上記だとすると、101.40よりLOWなら2.35倍、HIGHなら1.47倍。 これが1分後にはまた変動するので「購入のタイミング」で買った時の倍率が異なるのだ。

・そして、1枚単位で購入出来る。 上記のLOW(円高)ならこの時点で1枚425円で購入出来て、当たれば1000円の払い戻しがある。 従来のように1000円ちょうど購入という買い方が出来ない。

・受け付けは2時間前からで、2分前まで購入が可能。 じゃあ2分前ギリギリで買えばいいじゃん?と思うかもしれないが、ボーダーラインがある程度定まっているので、ほぼ勝負がついている事が多く、HIGH=1.0倍 LOW=20倍 というような、購入しても意味がない事が多い。

・レートがどんな計算なのか、サイトによって違うのかはまだ未調査ですが、海外サイトはまだ従来の倍率固定・10分方式のままで、国内組はコチラの倍率変動タイプと分かれています。 

倍率が変動する方は、より「株」「FX」といった要素に近づいてきて専門知識が必要そうなイメージですね。

日本のも触ってみてまたブログで報告します。


初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年3月最新版!

初心者向けに、プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設
optioncolor

通貨ペアだけでなく、金などのコモディティ取り引きをしたいならコチラ。特にゴールドは慣れると動きが分かりやすいとの声もあるので修行してみるのもいいかもしれませんね。

無料口座開設
joy

約定がかなり正確で早いのが特徴。 チャートの動きもMT4のチャートに忠実で、目押し攻略のチャンスです。 ペイアウト倍率が高めで使い勝っても良く初心者に分かりやすいサイトだと思います。  いろんな今後攻略法もどんどん出てきそうです。

無料口座開設
traderush150

老舗のサイトで出金経験もあります。 信頼性は高いです。SKYPEで担当者と会話が出来て攻略法なども教えてくれます(英語でやり取り)英語のページに飛びますが右上のタブで日本語に出来ます

無料口座開設
private

今すぐお金が欲しい方は特に必見という刺激的な宣伝文句が印象的。 日本人向けでボーナス等も充実しています。 堅実的にじっくりやるというよりはギャンブル感覚が強めに感じましたがやっぱりそういうのが日本人はお好きなようで人気なのでご紹介しておきます。

無料口座開設