今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

レジサポラインとは?ラインで反発する理屈と、チャートポイントの探し方

 

本サイトでは、レジサポラインを制する者はバイナリーオプションを制す!と言い続けていますね。 基本的には前日高値・安値にラインを引き、そこでの抵抗を期待して逆張りをするという単純な手法ですが勝率は高いです。

では、何でそこで反発するの?などより詳しく特集していきます。

トレードには人間の心理が大きく左右します

最近は、アルゴリズム取引と言われるようなコンピューターによる取引きもありますが、指示・入力するのは人間ですから、やはり人間の心理がトレードには大きく左右します。

「ここまで下がったら買おう!」
「ここまで下がったら撤退しよう」
「ここまで上がったら利益確定しよう」
「ここまで上昇したら損切りしよう」

このような人間の心理が多く重なり合う価格が「チャートポイント」になります。 ※そこで引くラインがレジスタンスライン(上)とサポートライン(下)です。

チャートポイントは重要!

チャートポイントを知っておくことはとても重要です。それは、そのポイント付近まで接近すると、押し戻されたり、逆にそのポイントを抜けると、一気にトレンドが発生したり、そのポイントに到達したことで達成感から、ポイントを抜けたにも関わらず、ずるずると戻ったり・・

チャートポイントを知っておかないと、何が起こっているのか分からず、相場に置いていかれてしまったり、逆張りの逆張りで往復ビンタを喰らったり・・チャンスを逃すどころか、資金も減ってしまいます。

逆に言えば、チャートポイントを知っておけば、効率良く勝つことにも繋がるのです。

チャートポイントには何がある?

チャートポイントには、買いの新規オーダーや売りの新規オーダー、買いの損切りオーダー、売りの損切りオーダー、買いの利益確定オーダー、売りの利益確定オーダーがあります。

○下落局面では・・
image001
表①

下落局面では、
①「もう下がらないだろうから、ここまで下がってきたら買おう!」と買いの新規オーダーを入れていた人、
②上がると思って買っていたポジションが、ずるずる下がってしまって、売りの損切りを入れている人、
③売りからポジションをとって、「ここまで下落したら利益確定で買い戻そう!」と思っている人、
④「このポイントを下に抜けたら、相場が転換して走りそうだから売ろう!」と売りのオーダーを入れている人

がいて、それぞれの思惑で買いたい人、売りたい人がいます。

○上昇局面では・・
image002
表②

上昇局面では、逆に
⑤「これ以上上昇しないだろうから、ここまで上がってきたら売ろう!」と売りの新規オーダーを入れていた人、
⑥下がると思って売っていたポジションが、ずるずる上がってしまって買いの損切りを入れている人、
⑦買いからポジションをとって、「ここまで上昇したら利益確定で売り戻そう!」と思っている人、
⑧「このポイントを上に抜けたら、走りそうだから買おう!」と買いのオーダーを入れている人
がいて、やはり、それぞれの思惑で買いたい人、売りたい人がそれぞれいます。

思惑は人それぞれでも、このチャートポイントにいるのは、売りたい人と買いたい人の2種類だけなのです。

どこがチャートポイントになるの?

チャートポイントになる場所は、実はたくさんあります。ただ、その中でもより多くの市場参加者が心理的に気にするポイントが、大きく相場の転換点になったり、レジスタンスやサポートになったりします。

今回は、テクニカル的なことが分からなくても大丈夫な、価格で見る基本的なチャートポイントについてお話ししたいと思います。トレードに役立ちますので、参考にしてください。

大台

これは100円00銭とか110円00銭など10円刻みのポイントなどです。やはり、利益確定の売りや買い、逆張りの買いや売りが出やすいことが多く、人間の数字に対する心理がよく出ているポイントだと思います。
image003
表③:ドル円 日足 100円の攻防

これは2013年の4月~5月に見せた、ドル円の100円の攻防です。結局この時は、約4週間100円をつけることに失敗しました。100円という大台を前に売り買いの攻防あり、売りの勢いが勝ったことがわかります。
image004
表④:ドル円日足 110円の攻防

2014年9月~10月にかけての110円の攻防です。2日間110円をつけるのに失敗し、3日目に110円08銭をつけたものの、押し返され、その後2日間、再度上昇を試みましたが失敗し、達成感から、一旦5円下落します。

前日高値・前日安値

前日の高値や安値は意識されやすいポイントです。 実際、バイナリーオプションのような1分、2分程度の取り引きだと一番使えるのはこれです。
image005
表⑤:NZ円 日足

こちらのチャートは1月末から2月にかけてのNZ円のチャートですが、2月1日(A)に79円37銭の高値をつけて、翌日2日(B)は高値79円23銭で上値を抑えられ、翌3日(C)は高値79円22銭、4日(D)は高値79円20銭で抑えられ、その後NZ円は下落に転じます。連日に渡り、前日の高値が意識されていることがわかりますね。

その日の高値・安値

その日の中でも、高値・安値が意識されることがあります。特にもみ合いの時や、材料難の方向感が出ない時、ビッグイベント前などに、起こることが多いです。
image006
表⑥:豪ドル円 10分足

3月10日の豪ドル円の10分足チャートです。85円15銭付近で何度も跳ね返されていることが分かりますね。この日行われるECBの政策金利発表結果待ちで、上にも下にも抜けない相場展開です。

前日NY高値・安値

前日のNY時間につけた高値や安値は意識されやすく、特に東京時間取引される方は、おさえておきたい高値・安値です。
image007
表⑦:ユーロ円10分足

3月9日NY時間につけた高値124円88銭が翌日10日の東京時間に意識されていることが分かります。

前週高値・安値

前週の高値・安値も意識されやすいポイントです。
image008
表⑧:ドル円 日足

3月1日にドル円が112円16銭の安値をつけ、この週の安値となりました。そして翌週の3月9日に112円22銭まで下落しましたが、押し返えされ、意識されていることが分かります。

直近高値・安値

直近の高値や安値も変意識されやすいポイントです。
image009
表⑨:ドル円 日足

ドル円が2月11日に110円95銭をつけ一旦上昇。その後再び下落し2月24日に111円04銭まで下落しましたが跳ね返され、その後上昇に転じました。

何日にも渡って何度ももみ合っているポイント

何日にも渡って意識されているポイントは、その後も意識されやすいポイントになりやすいです。
image010
表⑩:ドル円 時間足

こちらはドル円の時間足ですが3月2日のNY時間から~7日のNY時間まで113円20銭付近で、何度ももみ合っているのがわかります。

ピボット値

こちらは、簡単な計算を行います。
前日の高値・安値・終値の3つの値を使って、今日の売買の目安となるサポートライン、レジスタンスラインを計算するものです。レンジ相場が続いている時に利用します。逆に、トレンドが出ている時には、残念ながら使いにくい方法です。前日の値動きから今日の価格変動の幅を予測しようとするものです。
ピボット値(P)=(H+L+C)÷3
H:前日高値、L:前日安値、C:前日NY終値

(R3)レジスタンス3=2P-2L+H
(R2)レジスタンス2=P+H-L
(R1)レジスタンス1=2P-L
(P)ピボット値=(H+L+C)÷3
(S1)サポート1=2P-H
(S2)サポート2=P-H+L
(S3)サポート3=2P-2H+L

式を見て、難しい、面倒くさい、と思われる方もいらっしゃると思いますが、最初にエクセルで式を作ってしまえば、その後は便利に利用できます。また、計算式はいくつかの種類があります。

ピボットはレンジ相場で使いやすい手法で、サポート1、サポート2では逆張りの買い(HIGH)でエントリーします。
反対にレジスタンス1、レジスタンス2では売り(LOW)でエントリーします。
サポート2、レジスタンス2を抜けて、サポート3、レジスタンス3まで行ってしまったら、撤退します。そして、サポート3、レジスタンス3を抜けた場合は、相場転換と考え、今度はトレンドフォローでついていきます。
レンジ相場が続いている時、多くの場合はサポート2~レジスタンス2の間で推移することが多いと思います。
感覚的に、「今日は、これくらいの幅で値が動きそうなのか~」と朝の段階で目安ができるので便利です。

それでは、3月9日のドル円を例に検証してみましょう。
前日8日の高値113円51銭、安値112円43銭、NY終値112円64銭。計算を行うと以下のような値が出てきます。
(R3)レジスタンス3・・114円37銭
(R2)レジスタンス2・・113円94銭
(R1)レジスタンス1・・113円29銭
(P)ピボット・・・・・112円86銭
(S1)サポート1・・・・112円21銭
(S2)サポート2・・・・111円78銭
(S3)サポート3・・・・111円13銭

そして9日の日は大きいレンジで111円13銭~114円37銭、特に大きな材料が出なければサポート2の111円78銭~レジスタンス2の113円94銭の間でドル円が動くだろうと、9日の朝の段階で予測を立てることができます。
image011
表⑪:ドル円 時間足

すると、9日の日は、東京時間・欧州時間序盤は112円40銭~112円80銭の間で推移し、19時台にサポート1(S1)の112円21銭手前、112円22銭で反転し、上昇。その後NY時間にレジスタンス1(R1)113円29銭手前で一旦押し返されるものの、NY時間引け前にレジスタンス1(R1)を突破し、8日の取引が終わることになります。結局、この日はほぼサポート1(S1)とレジスタンス2(R1)の間で推移しました。
このように、大体の1日の値の範囲が予測できれば、トレード対策も立てやすいですよね。

以上のように、テクニカルなチャート分析ができなくても、価格を利用したチャートポイントをトレード前にチェックしておくだけで、かなり有効なエントリーができると思います。


>> レジサポラインを制する者は、バイナリーオプションを制す。攻略法の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年11月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設