経済指標で攻略

 

バイナリーオプションと経済指標発表の関係

20140503a 20140503b 20140503d
(各画像はクリックで拡大)上の画像は2014年5月2日の21:30にアメリカで失業率発表や、非農業部門雇用者数変化の発表があった瞬間に一気に相場が動いた様子です。左からEUR/USD、BOBOXでのEUR/USD、USD/JPY(だったかな?)で、ドルが一気に下がった事が分かります。 (3枚目はドルに対して円が上がった)

バイナリーオプションの場合は、
・発表前に予測しておき、直前に購入する。(ファンダメンタルズ)
・発表後に大幅に動き出したのを見てすかさず便乗する(テクニカル)
・一気に動いた後にリバウンドで回復するのを狙う(テクニカル)

といった所でしょうか。 経済指標から予測する事をファンダメンタルズ分析といい、チャートの動き・流れで予測する事をテクニカル分析といいます。 経済なんて知識ないし関係ないやっと投げ出さず、ここでは「動きだけを追って」何とか攻略に活かせないか?というコーナーなのでご安心下さい。

経済指標カレンダー

リアルタイム更新中!1週間のカレンダーです。下にスクロールしてください。

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

バイナリーオプションにも大いに関係してくる経済指標カレンダーです。重要度2以上に設定しました。 最初はこれ見ても何が何だか分からない・・かもしれません。 そういう方は、まずはこの時間に大きく相場が動く・・?という事を頭に入れて実際にどのように動くのかを毎回チェックしてみましょう。 この時間の後は大きく動くので手を出さないという逆の攻略法としても使えますね。

バイナリーオプション目線でのニュースを更新していきたいと思いますのでこのページをブックマークもしくは上のメニューバーに追加するので毎日チェックしてみてください。

バイナリーオプションニュース(随時更新中)


初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年11月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設