今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

ロケットマンリスク軽減も113円の壁

 

月末週末で、決算する人も多そうな

バイナリーオプション攻略講座9月29日更新分、行ってみましょう~

ロケットマンリスク軽減も113円の壁

20170929a
ドル円1時間足です。 昨日は再度113円の壁を超えようというスタートでしたがまたタッチして利益確定・ポジション調整で落ちてきました。 その他、失業保険申請件数が予想よりも多かった(失業者が多い=良くない)という要因も多少はあったようです。

ロケットマンというのはトランプが金正恩につけた単なるアダ名ですが、為替でもロケットマンリスクなんて使われだしました。 現在はロケットマンリスクは落ち着いた・軽減されたというような言い方をされていますね。

20170929b
日足で見れば113円の手前で「横ばい」って感じですね。 月末の週末という事も考えると今まで上がった分の利益確定をするなら113円と考える人が多いのはなんとなくわかりますね。 来週は月初で色んな指標発表があり雇用統計があるのでそれに向けて期待が高まれば壁を破って上昇しそう。 それと同時に北朝鮮リスクも警戒です。

ドラギ総裁・カーニー総裁発言

10:30 CNY 中国Caixin製造業部門購買者担当者指数 (9月)
15:00 GBP 全国住宅価格指数 (前月比) (9月)
15:00 GBP 全国的住宅価格指数 (前年比) (9月)
15:00 EUR 独小売売上高 (前月比) (8月)
15:45 EUR 仏個人消費 (前月比) (8月)
15:45 EUR 仏消費者物価指数 (前月比) (9月)
15:45 EUR フランスHICP (前月比) (9月)
16:00 CHF KOF先行指数 (9月)
16:55 EUR 独失業率増減 (9月)
16:55 EUR 独失業率 (9月)
17:30 GBP 企業投資 (前期比)
17:30 GBP 経常収支
17:30 GBP 国内総生産 (前期比)
17:30 GBP 国内総生産 (前年比)

18:00 EUR 伊消費者物価指数 (前月比) (9月)
18:00 EUR コア指数 (前年比)
18:00 EUR 消費者物価指数 (前年比) (9月)
21:00 GBP MPC委員カンリフ氏は語る
21:00 BRL ブラジル失業率
21:30 GBP MPC委員ブロードベント氏は語る
21:30 USD 個人消費支出価格指数コア (前年比) (8月)
21:30 USD コアPCE物価指数 (前月比) (8月)
21:30 USD 個人支出 (前月比) (8月)
21:30 CAD 国内総生産 (前月比) (7月)
21:30 CAD RMPI (前月比) (8月)
22:45 USD シカゴ地区購買部協会景気指数 (9月)
23:00 USD ミシガン消費者信頼感見込み最終 (9月)
23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数 (9月)
23:15 EUR ECBドラギ総裁の発言
23:45 GBP イングランド銀行総裁、カーニーが話す

00:00 USD FOMCメンバー ハーカー 談話
02:00 USD ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント

今日はドラギ総裁(ユーロに関する銀行の偉い人)、カーニー総裁(イギリスのポンドに関する銀行の偉い人・・日本だと日銀の黒田総裁)の発言があります。

本日のレジサポライン攻略

20170929c
ドル円1時間足で前日高値安値ラインを引いたものです。

レジスタンスラインの目安・・まずは一目均衡表の雲に潜っているのでここを抜ける時に抵抗が生まれます。 そこでLOWを狙うわけです。 25日移動平均線(黄色)も抵抗を示すものなので今のように2つのテクニカルツールが重なっている状態がより狙いやすいですね。 時間が経つと雲は動きませんが移動平均線の方は動いていくのでその時その時での判断は必要です。(経験的に25日移動平均線オンリーでの取引は割と負けるので組み合わせて使っています) 雲を上に抜けると前日高値の113.20円あたり。 ざっくりいえば113円の壁なんですけどちょっと上にはみ出ているのがポイントです。 前々日と比較すると少し下がっていますよね。

サポートラインの目安・・下も先ほどの解説同様で、こちらは75日移動平均線(緑)と一目均衡表の雲の下限がポイント。 75日移動平均線(緑)の方が先にタッチしますね。 この攻略法でいうと早朝の75日移動平均線(緑)へのファーストタッチが雲の下限とも一致していて絶妙なポイントだったのが分かります。 ご自身のMT4でも確認してみてください。 そして雲を下に抜けると前日安値ライン、200日移動平均線(オレンジ)と続きます。 調整日としてあり得ますね。


>> バイナリーオプション攻略講座(随時更新中)の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年12月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。

無料口座開設

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。

無料口座開設