今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

ドル円は狭いレンジ。バイナリーオプション的にはチャンス相場!年末ラス2

 

もう年末ですね~

バイナリーオプション攻略講座12月28日更新分、行ってみましょう~

ドル円は狭いレンジ。バイナリーオプション的にはチャンス

20171228a
ドル円は引いておいたラインの間でいい形のレンジで推移したようですね。  昨日も書きましたが、この画面でみると乱高下!って印象を受けますが、下は113.117円、上は113.351円という狭いレンジです。

サンタクロースラリーという感じでもなく、木・金を過ごすのか? 市場参加者も少な目でバイナリーオプション的にはチャンスです。

アメリカの失業保険申請件数など

16:00 GBP 全国住宅価格指数 (前月比)
16:00 GBP 全国的住宅価格指数 (前年比)
18:00 EUR 欧州中央銀行マンスリー・レポート
19:45 EUR イタリア10年BTPオークション
22:30 USD 良好な貿易収支 (11月)
22:30 USD 失業保険申請件数
23:45 USD シカゴ地区購買部協会景気指数 (12月)
01:00 USD 原油在庫量
01:00 USD クッシング原油在庫

税制改革案の話題も終わって材料不足で動きの少ない為替相場。 アメリカの指標発表が複数あり、多少の材料となるか?

本日のレジサポライン攻略

20171228c
ドル円1時間足で前日高値安値ラインを引いたものです。

レジスタンスラインの目安・・今は一目均衡表の雲の下にいる所で、狙うなら雲の中に入った後の75日移動平均線(緑)や雲の上限あたりですかね。 ここがマッチしたら狙っていきたい所。 さらに上に抜けたらセオリー的には前日高値でのLOW狙いですが、どこの値と決めずに思わず勢いで飛び出した所を狙うというやり方じゃないとチャンスが一向に来ないかも・・というような相場です。 逆に、思いがけない、びよーーーん!という伸びを観測できそう。 一時的だと思って狙っていきましょう。

サポートラインの目安・・下は昨日の安値ライン113.14円に朝タッチしましたが勢いよく戻っています。 これも値が曖昧ですが、113・10円台でのHIGH狙いとしておきましょうか。 特にズルズル落ちてくるようなタイミングではなくドーンと来てくれた方が狙いやすいとみています。


>> バイナリーオプション攻略講座(随時更新中)の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2018年最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。

無料口座開設

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。

無料口座開設