今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

リスク回避・リスクオフでの円買い進む。週足の一目均衡表の雲の下

 

バイナリーオプション攻略講座2月14日更新分、行ってみましょう~

ドル円はさらに下落。週足の一目均衡表の雲の下

20180214a
ドル円はテレビのニュースでもやるほど、大幅に下落。 107円台に突入しています。 週足で注目していた一目均衡表の雲を下回って、FXだと「売り」のサインですね。 円高が進んでいますという報道でした。 日米株価の下落につられて・・との事です。 回復しても上がらないのに下がると下がるというね。 全体的なリスクオフ・リスク回避の円買いとの事です。

バイナリーオプションの攻略を振り返ると、まず前日安値ラインとしては108.04円のラインにタッチする寸前で一度「すんっ」と浮き上がって、次のタッチの時にズボっといってるっぽいですね。

20180214b
1分足まで拡大して振り返るとこう。 1回目、タッチしそうでせずに、2回目のタッチでラインよりも下回ってしまっています。 ラインでHIGHを狙うのが攻略のセオリーでしたがライン丁度でボタンを押していた場合は負けています。 これは負けパターンでした。 毎回必ず勝つという事では無いので仕方ないで済ませてもよいのですが、結構白いローソク足が長いので、急落だったことが分かります。 こういう場合は、ラインちょうどというよりは大きく下げた先っちょで買うのが一番ベストなのでズボっといった先できちんと買えていれば負けを防げていたかもしれません。

米・小売売上高他

11:00 NZD 予想インフレ率 (前期比)
13:30 MYR マレーシア国内総生産(GDP) (前年比)
15:30 INR インド独卸売物価指数 (前年比) (1月)
16:00 EUR 独消費者物価指数 (前月比) (1月)
16:00 EUR 独国内総生産 (前期比)
16:00 EUR 独国内総生産 (前年比)
16:05 THB タイ公定歩合決定
17:00 EUR ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマンが語る
17:50 CHF スイス国立銀行Zurbrugg理事発言
19:00 EUR 国内総生産 (前年比)
19:00 EUR 国内総生産 (前期比)
19:00 EUR 鉱工業生産 (前月比) (12月)
19:20 EUR 欧州中銀メルシュ専務理事発言
20:20 CHF スイス国立銀行Zurbrugg理事発言
21:45 EUR 欧州中銀メルシュ専務理事発言
22:30 USD コアCPI (前年比) (1月)
22:30 USD コアCPI (前月比) (1月)
22:30 USD コア小売売上高 (前月比) (1月)

22:30 USD 消費者物価指数 (前月比) (1月)
22:30 USD 小売売上高 (前月比) (1月)
00:00 USD 企業在庫 (前月比) (12月)
00:30 USD 原油在庫量
00:30 USD クッシング原油在庫

米・小売売上高や原油在庫量など指標発表が多数あります。

本日のレジサポライン攻略

20180214d
ドル円1時間足で前日高値安値ラインを引いたものです。 黄色いラインが25MA(25時間移動平均線)、緑のラインが75MA(75時間移動平均線)、オレンジのラインが200MA(200時間移動平均線)を表しています。 それと網のような物が一目均衡表というツールの雲と言われているもので、この2つを使って攻略していきます。 移動平均線についてはコチラ 一目均衡表についてはコチラ

レジスタンスラインの目安・・今日は回復した場合は、108円の節目、108.50円の節目、その他テクニカルツールが上にあるので攻略に使う事が出来ます。 回復してくれた方がやりやすいのは間違いありません。

サポートラインの目安・・下はもう昨日の安値、そして107.00円等の節目を狙っていくしかないでしょう。 下に下がる勢いは強いので先ほど解説したように、ライン丁度でボタンを押すというよりは、勢いよく沈んで勢いが薄まってきた所でポチっというのが攻略のコツになりそうです。 ちなみに下のラインは、

20180214c
週足で見た時のここ最近の最安値とほぼ一致なんですよね。 もうちょっとだけ下に余裕があるというイメージで取引出来ると良いでしょう。 また、つまりはここを底値と見る人も一定はいるわけで、売られたらここで買われるというのはとても自然。 これを利用しない手は無いでしょう。


>> バイナリーオプション攻略講座(随時更新中)の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2018年最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。

無料口座開設

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。

無料口座開設