今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

日足一目均衡表の雲の下に崩れるか?日米首脳会談の行方

 

バイナリーオプション攻略講座4月17日更新分、行ってみましょう~

日足一目均衡表の雲の下に崩れるか

20180417a
ドル円は土曜日のシリア攻撃を受けて下落してはいるのですが、そこまで下落していないなーというのが感想。

日本時間はまだしも、攻撃をした国であるアメリカ時間もさほどリスク回避の動きに走るでもなくといった所で、

20180417b
現在は、日足の一目均衡表の雲を下回るかどうかの所で今日は踏ん張っています。 今朝の日本時間スタートで下まわりそうですがどうなるか。

本日の日米首脳会談の方に注目が高まっていて、アメリカが日本に結構な要求をするのでは?と予測されています。 経済的に協力し合おうぜ~というよりは交渉ムードなら若干リスクは増えて円高っていう感じなんですかね~ バランスが崩れるのは怖いですからね。

米・建築許可と日米首脳会談

10:30 AUD 金融政策決定会合議事録
11:00 CNY 中国の固定資産投資 (前年比) (3月)
11:00 CNY 中国国内総生産 (前期比)
55 分 CNY 中国国内総生産(GDP) (前年比)
11:00 CNY 中国鉱工業生産 (前年比) (3月)

11:00 CNY NBS Press Conference
13:30 JPY 鉱工業生産 (前月比) (2月)
17:00 EUR 伊消費者物価指数 (前月比) (3月)
17:30 GBP 平均所得(含ボーナス) (2月)
17:30 GBP 求職者給付受給者数増減 (3月)

17:30 GBP Employment Change 3M/3M (前月比)
17:30 GBP 失業率 (2月)
18:00 EUR 現在のドイツZEWの状況 (4月)
18:00 EUR 独ZEW景気期待指数 (4月)
18:00 EUR ZEW景況感指数
21:30 USD 建築許可 (3月)
21:30 USD 建築許可 (前月比) (3月)
21:30 USD 住宅着工件数 (3月)
21:30 USD 住宅着工、変化 (前月比) (3月)
21:30 CAD 対外証券投資 (2月)
21:30 CAD 製造業出荷 (前月比) (2月)
22:15 USD 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズが語る
22:15 USD Industrial Production (前年比)
22:15 USD 鉱工業生産 (前月比) (3月)
23:00 USD 公開市場委員会クォールズ委員発言
暫定的な NZD 世界乳製品取引価格指数
00:00 USD FOMCメンバー ハーカー 談話

今日はこうしてみると重要そうな指標発表が並んでいます。 21時30分頃~が重要。 でもまあ基本的には日米首脳会談の内容が小出しに伝えられて前後とかの方が事は大きそう。

本日のレジサポライン攻略

20180417c
ドル円1時間足で前日高値安値ラインを引いたものです。 黄色いラインが25MA(25時間移動平均線)、緑のラインが75MA(75時間移動平均線)、オレンジのラインが200MA(200時間移動平均線)を表しています。 それと網のような物が一目均衡表というツールの雲と言われているもので、この2つを使って攻略していきます。 移動平均線についてはコチラ 一目均衡表についてはコチラ

レジスタンスラインの目安・・この雲の中で耐えて回復してきた場合、最初にぶつかるのはオレンジの200MAですが、それ以前に何度も前後してるし、角度が気になりますね。 1時間前のローソク足の上ヒゲは見事にタッチして跳ね返ってきていますがこの辺でラインを引いた後、30分足や15分足で見てテクニカルツールが同じような値を示していなければスルーしようかなと思います。 その後の一目均衡表の雲の下値、緑の75MA、雲の上限、前日高値と続いていきます。 あ、あとはいったん前日安値ライン(下の赤いライン)を完全に下に抜けた後、それが今度はレジスタンスラインになるというのも使えると思います。 今は何かラインを下に抜けるのか?抜けないのか?っていう微妙なんですけど、一番最初にくるLOW狙いポイントですし、意外とこれが本命か。

サポートラインの目安・・今揉み合っているライン。 ここを完全に下抜けすると(市場が下に抜けたと判断すると)、結構勢いよく下に落ちそう。 1時間足だと下に何も無いのでもう少し広げてみると、日足だと25MA、あとは4時間足だと下に75MAと一目均衡表の雲があるので取り引きの目安になるでしょう。


>> バイナリーオプション攻略講座(随時更新中)の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2018年最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。

無料口座開設

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。

無料口座開設