今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

米中貿易紛争の応酬で上下するドル円相場~テクニカルでの売買は危険(コラム)

 

colums
週1コラム。

6日に発表された米国の雇用統計は非農業部門の就業者数が前月より10万3千人増え、専門家の予想平均である約19万3千人の増を大きく下回りました。また3月の失業率は4・1%と6カ月連続で横ばいとなっり、平均賃金は前年同月比2・7%増と、前月から0.1ポイント上回る結果となりました。

この結果を受けてもドル円は107円を下回ることもなく比較的小動きで週の取引を終えるものと思われましたが、実はそこから大きな動きを示現することとなってしまいます。

トランプ大統領の対中貿易制裁としてさらに追加の関税を実施する余地があるとした発言からNYダウが日本時間の早朝4時ごろに大きく売り込まれザラ場で一時750ドルほどの暴落とも思えるほどの下押しがあったことから、さすがにドル円も相場を維持できずに106.777円台にまで下落し106.94円で週の取引を終える形となりました。

image001
ドル円5分足 NFP発表以降から6日終値まで

ドル円相場は上に行きたがっているが政治がそれを許さない

ドル円は先週日足で一目均衡表の雲の中に突入し、ここかれ上抜けできるかどうかがテクニカル的には非常に注目されることとなったわけですが、結局雲の下に押し戻される形となってしまい、テクニカル的には一旦底値をつけたように見えたにも関わらず、それに合わせた動きをとれない状況に陥っています。

image003
多くの市場参加者が一旦は上昇方向を意識してロングにしている状況ですから、ここからはかなり上値が重そうで、テクニカルだけで売買を使用としてもまったくうまくいかないのが実情です。
チャートからはどう見ても相場が上に行きたがっているようみえましたが、結果的には107.500円すらも相当重たい感じで簡単に上値を試すような状況ではなくなりつつあるようです。
上値には本邦輸出勢の売りも並び始めているようで、上昇もなかなか期待しにくい時間帯に入り始めています。

ニュースのヘッドライン次第では106円台前半へ沈み込みも

ここからはニュースのヘッドラインやトランプのツイッター次第で相場が上下することになりそうですが、一つだけ言えるのはトランプ政権の閣僚が米中貿易問題に比較的に楽観的な見通しを口にするのに乗ってしまうとその後のトランプ発言で投げさせられるというかなり厳しい相場に巻き込まれかねない状況です。

この米中の貿易問題はそう簡単に解決のつく問題とも思えず、やはりドル円はここからは戻したら売りの目線で相場に接することが必要になりそうです。とくにNYタイムは報道に相場が大きく振らされる展開が続きますので、東京タイムの続きとして考えずに株価の動きにも注意を払うことが必要です。

週の動きは106円から108円までか

ただ、この米中貿易問題はニュースとしての連続性に乏しく、一回報道がでれば株も為替も下がりますが、ほどなくしてまた戻りを試すという動きをくりかえしますので、基本的に106円から108円程度までのレンジ相場が継続しそうな雰囲気です。

上値、下値では十分に引き付けて逆張りの売買も機能しそうで、こうした相場展開は4月後半まで続く可能性も出始めています。

本来ドル円は4月は陽線引けになりやすく米国NYダウも4月は陽線で引けやすいのがアノマリーですが、今年に関してはどうもそうなるかどうかがよくわからなくなってきています。したがって予断をもたずに相場の状況をよくみながら確実な売買を心掛けたい一週間です。
12日の午前3時にはFOMC議事録が発表となりますが、これが意外にタカ派発言となっている場合には利上げ加速期待からドル円も上昇する可能性が残されまから注意が必要です。いずれにしてもテクニカルだけに頼らないプライスアクション重視の売買が重要になりそうな相場です。


>> 経済指標で攻略の詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!【デモ有】

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

無料口座開設

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】

無料口座開設