出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

ドル円上昇について考えるコラム。米債金利がここからさらに上昇するか

 

ドルは主要通貨、新興国通貨に対してかなりのドル高が継続中です。米債金利の上昇で殆どの新興国通貨が対ドルで大幅安が続いているうえにユーロ圏の経済に影が差し始めたことや英国の経済指標も振るわないことからユーロ、ポンドが軒並み安となっていることもその大きな理由となっています。

ただ連休前から上がり始めたドルもさすがにすでに3週連続の陽線引けとなっていますので、そろそ調整が入ってもおかしくはない状況で、とくにドル円では今週どこまで下押しするかに注目が集まりそうです。

image002
ドル円4時間足

ドル円を4時間足のチャートで見ますと、5月3日の連休中に一瞬110円でいをつけたあと10日のロンドン時間に再度110円を試しに行きましたが、結果的に二回ともその滞空時間は極めて短いものに終わり、上値にかなりの売りが潜んでいることが改めて明らかになった次第です。
引続き今週もドル高基調に変化はない可能性が残りますが、既に三週間上げに上げただけに一旦の調整が入ってもおかしくない状況で、チャートの形状から見てもダブルトップを形成していることが注目されます。今週ドル円が108.80円のネックラインを割り込み始めた場合にはそれなりの調整がでることも視野に入れて売買することが重要になりそうです。
ただし、市場ではドル高以外の材料がありませんから下押ししてもそれなりのレベルで止まることが考えられることから、押し目買いの機会になることも考えておきたいところです。

武田の巨額M&A案件に伴うドル円の上昇は完全に空振り

5月8日武田薬品は約7兆円弱の金額でアイルランドの製薬大手シャイアーの買収に合意した旨を発表しましたが、3兆円程度現金での支払いが起きると期待されていた部分は米国においてブリッジローンを組むことが発表されたことからドル円もポンドドルもポンド円も当該案件では価格上昇の期待が完全に外れた状況となりました。
時期を同じくしてリクルートのM&A案件で1300億円ほどを手持ち資金で買収する話がでて一時的にドル円が持ち上がる状況となりましたが、こちらはかねてから準備が進んでいたものとみられ、すでにかなりのドル円買いがでてしまっているようで今回のドル円の上昇に含まれている可能性もあることからM&Aがドル円の上昇を支援することはどうやらなさそうな雰囲気となってきてしまいました。

米債金利がここからさらに上昇するかどうかにも注目

米国10年債利回りは2月以来再度3%乗せとなっており、ヘッジファンド勢はさらなる上昇を見込んで米10年債の売り持ちを増加させています。
2017年前半にも同様の状況になっている点は記憶に新しいところですが、2017年のケースでは金利上昇が伸び切らず結果的に大量のショートカバーがでたことから債券価格が上昇し金利が下落するという展開になっていることかっら、ここからの米債の動きが前回同様のものになるのか、逆にさらに金利上昇に拍車がかかるのかに市場の関心が集まりそうです。
ちなみに6月のFOMCの利上げについては市場の織り込み度が既に100%となっていることからこれも金利上昇の支援材料になることが考えられます。

image004
Data CME Fedwatch

一般的に長期の債券金利が上昇しはじめますと、簡単には収まらないのが世の常であり、ここから3%を抜けて4%方向に近づくことになりますと、今度は米国の株式市場が持たなくなり大幅に調整する可能性が高まるだけに金利の状況は見逃せません。6月以降例年米国の株式市場は夏場に向けて下落傾向にあるだけにドル円が株価に連動するのか債券金利と正相関を保ちながら上昇するのかも注目ポイントとなりそうです。

今週は中東情勢も気になるところですが相場はあまり地政学リスクには反応しておらず、イランを含めて本格的な戦争状態が示現しない限りリスクオフで大きく下げることはなさそうにも見えます。


>> バイナリーオプションで勝つ為の勉強コラムの詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】