出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

急上昇した米10年債利回りの3つの理由とドル円の今後を専門家が解説!

 

講師女性急上昇した米10年債利回り~果たしてドル円はこれにどこまでついていくか

月が替わっていよいよ年末に向けて大きく動き出しそうな10月相場ですが、
10月第一週米国10年債の利回りが突然0.15bpほど上昇して3.2%超のレベルで推移し始めており、相場はこれに影響を受け始めています。過去30年程度の米国株式市場と米債金利の動向を見てみますと米債金利が上昇しても景気の状況がよければ株式市場が上昇するというケースは結構見られ、全体の3分の1はこうした債券金利、株価併存上昇という時間帯を経過していることが確認できます。

しかし景気の先行きが危ないという判断になれば金利の上昇を嫌気して株価が下落に転じることのほうが多いのも事実で、ここから先の相場が一体どうなるのかが注目されますし、ドル円が債券金利上昇と株価下落のどちらについていくかも大きな関心事となりそうです。

金利上昇要因は3つ

この米10年債の上昇要因は3つが考えられます。

まず3日講演を行ったパウエルFRB議長が金利は依然緩和的だとしながらも、成長を加速も抑制もしない中立的な水準へとわれわれは徐々に向かっていると指摘し、さらにわれわれは中立を超えるかもしれないと発言したことに相場が反応したという見方があります。

また短期間に0.15bp上昇したことから大口の保有者が大量売却を行ったのではないかという憶測も高まっており、状況から考えると中国当局が売却した可能性を指摘する声が多くなっています。

さらに4週連続で上昇した原油先物価格がインフレ懸念を高めており、これが債券に影響を与えているという見方もあります。

恐らく結果的にはこうした要因のすべてが金利上昇につながっているものと思われますが、中国の売却が本当ならここから先の売却についても非常に注目される状況となるのは言うまでもありません。
アメリカ10年債
Data Investing.com

ドル円はすでに昨年高値を抜ける勢い

ドル円日足過去500日分
ドル円日足過去500日分

上のチャートはドル円日足を過去500本、つまり過去500日分表示させたものですが、御覧いただくとおわかりの通り、すでに2017年の最高値をレベルを抜いて上方向に向かおうとしていることがわかります。

このあと115円を超えていきますといくつかの節目はあるものの確かにテクニカル的には118.665円であるとか120円が視野に入ることにます。実際為替のアナリストでもすでに120円を目指すと予測する向きも現れていますが、政治的な影響を常に受けるドル円の場合、ここから青天井に上昇するとは思えないうえに、米債金利が上昇してもどこかのタイミングで米株市場が嫌気して下落し始めた場合、日経平均もかなり大きく下落することが予想されることから株の下げについていく可能性は否定できません。

また日米貿易交渉の途上にあるわけですから日本政府としても闇雲にドル円が115円を超えて上昇していくことは良しとしないはずで、日銀が長期債のアローアンスとして設定している金利上昇容認レベルを利用して国債買い付けオペレーションに手心を加えれば今度はJGB(日本国債)の金利が上昇して円安が制御される可能性も残しているといえます。

日米の株価動向と米債金利の推移を睨みながらの展開

すでに114円台中盤まで上昇してきたドル円ですから115円をつけにいくのにはそれほど時間はかからないものと思われますが、どこまで上昇できるのかについてはかなり疑問が残るところで、10月は例年一定の下押しを経て年末の上昇相場がやってくるのがひとつのパターンとなっていますので、それなりの押し目がでることも十分に意識しながら売買することが必要になりそうです。

足元ではドル円はそれほど下押ししないまま週の取引を終えていますが、週明け相場で上値が限定的となれば月末に向けて一定の下げを示現することは十分にありそうです。
ドルは全般にかなり強い状況が続いていますが、中間選挙を11月6日に控えて、ドル高に対しトランプ大統領がなんらかのけん制発言をして場合にはいきなり下落に追い込まれることもあるだけに、相場の先行きをあまり決め込まずに柔軟に売買対応ができるようにしておくことが大切な時期です。


>> バイナリーオプションで勝つ為の勉強コラムの詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】