出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

バイオプの目押し攻略法復活。タイミングが戻った?

 

20140418h

えー金曜日にバイオプの確定タイミングが遅くなったYO!と騒ぎ立てましたが(>>記事はコチラ)、今日何度かやってみたら金曜ほどズレなくなっていましたのでご報告。

>>バイオプをまだ始めていない方はコチラ

バイナリーオプション攻略ブログ!バイオプの目押し攻略復活の巻

20140421a

今日の11:35頃のEUR/USDのバイオプの短期取引の取引画面です。 最後劇的に負けてますが(笑)、1.38090~1.38103あたりをウロウロしていたので底辺である1.380090でしっかり購入出来ました。 この時は通常1歩先の所、金曜日が3歩先なら、2歩先くらいに感じました。

バイナリーオプション攻略法の目押し攻略とは、単純に上の図のようなレンジ相場(一定の間隔で波が前後に動いている)で、底辺に来たところでHIGHを購入するという方法です。

>>目押し攻略法の詳しい解説はコチラ

20140421b

こちらも成功。 そもそも、今日(2014年4月21日)のお昼ごろのEUR/USDがつらら型チャートで目押しフィーバーでしたね。

20140421c

↑オカルトかもしれませんが、購入ボタンを押した後にEnterキーを連打した方が早く確定する気がしました。 以前と変わらず目押し成功です。

こうしてみると今日のお昼がサービスデイだったのが分かると思います。 かなり理想的なチャート。

20140421d

またまた成功。 今日は資金がたくさん増えました。 バイオプさん、ごっつぁんです。

1度の投資金額が大きいという人は、毎回、1000円か500円で感覚をつかんでからの方が良いという事は言うまでもありません。

※2014/5/20追記:やはり3歩くらいタイムラグがあるように感じました。(最初はオンタイムだけど勝ち続けると遅延が生じるという都市伝説もあるようですが)なので、今まで程ゆるくはないですが、どちらにしても上下するチャートの良いポジションで購入するというのには変わらないので何歩ズレるのか?少額で何度もタイミングをつかんで攻略していきましょう。

>>まだバイオプを始めていない方はコチラ


>> バイナリーオプション目押し攻略法の完全版の詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】