出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

【2014/05/22】バイオプで17:30~GBP国内総生産 (年刊)の動きに合わせて2連勝

 

経済指数発表に合わせてバイナリーオプション攻略! 17:30~のGBP関連の結果報告です。

タイトルがいつも興味沸かなさそうだったので、少しは興味わきそうなのにしました。

17:30(GBP)国内総生産 (年刊)

国内総生産(GDP)は経済活動の最も広範な基準であり、景気判断の重要な指標である。GDPの四半期ごとの比率変動は一般に経済成長率を示す。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

他、17:30に3つほど一気に発表されるので大注目だったのです。

20140522m
直前の動きはコチラ。 GBP/JPYに注目してみました。 穏やかな相場ですね。 これが時間と共に動くのでしょうか?

20140522l
バイオプの画面。おっと、昨日もそうでしたが17:30を待たずしてちょっと動きがあります。 ざわついてるのか発表が17:30きっかりではなくフライングしているのか・・

20140522o
17:30と同時に一気にきました。 今回は大きい。 重要度に比例するのか、それとも「予想」とのふり幅なのか?

20140522n
いけそうな気がしてスタートダッシュやっちゃいました。 見事にLOWで勝ち。

ちなみに、予想と結果を比べた時に、3つとも大きな違いはありませんでした。 なので経済指数の重要度や複数ある場合はスタートダッシュが間に合うのかも・・?

20140522p
その後、一旦大きく下がった=現状はネガティブ(下降)なのだ=リバウンドでぐんと上がったけどこれは一時でまた下がるだろう。 の理屈で10分のHIGH&LOWで勝利です。

20140522q
ここですね。 跳ね返った勢いがよかったので一時のものと判断。 これがじわじわと上がっている場合は手を出しません。

経済指数の大きさも重要ですね。 毎月第1金曜の米失業率・非農業部門雇用者数発表が待ち遠しいです。


>> 本日のバイナリーオプション攻略ブログの詳細へ戻る

関連ページ

123...125

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2019年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】


ハイローオーストラリア