出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

【2018/05/21】ドル円111円台の壁がレジスタンスラインの目安。

 

バイナリーオプション攻略ブログ5月21日更新分、行ってみましょう~

ドル円111円台に乗せるか乗せないかの所

20180521a
ドル円は111円台に突入するかなといった所。 リスクがあまり感じられないので円安ムードになるかな?という解説が目立ちます。

金曜日に一時的に大きく下落しているのはカナダドルが下がったのにつられたとか。週末だったので111円タッチからの一旦手仕舞い感も下落加速の要因かなとも思います。

その後、再び回復して今日の朝グーンと伸びています。 現在111円台ですがまだ完全に乗せた感じではありません。

20180521b

ドル円は日足で見ると、オレンジの200MAを超えて飛んでいきそうなムードですよね。

少し前まで、識者たちは「ドル円は下がる、注意注意」と言い続けていたのにも関わらず、イケイケドンドンに見えるドル円。 ドル円がここまで上がったのには独特な理由があるそうで、その辺を週一コラムにまとめてみたいと思います。

FOMCメンバー発言他

暫定的な USD OPEC会議
00:00 BRL 実質雇用者数
01:15 USD FOMCボスティク委員発言
03:05 USD FOMCメンバー ハーカー 談話

今日はかなり指標発表が少ないです。 FOMCメンバー発言等。

本日のレジサポライン攻略

20180521c
ドル円1時間足で前日高値安値ラインを引いたものです。 黄色いラインが25MA(25時間移動平均線)、緑のラインが75MA(75時間移動平均線)、オレンジのラインが200MA(200時間移動平均線)を表しています。 それと網のような物が一目均衡表というツールの雲と言われているもので、この2つを使って攻略していきます。 移動平均線についてはコチラ 一目均衡表についてはコチラ

レジスタンスラインの目安・・今朝既にアタックをしているのですが、金曜日の高値ラインが111.00円の節目なんですよね。 基本はファーストタッチを狙うべきで、もう3度目の正直レベルで狙っちゃダメなんですけど、完全にタッチしてないかも?みたいな所が狙いたくなる所です。

サポートラインの目安・・下に落ちて来たら一目均衡表の雲、前日安値ライン、緑の75MA等、エントリーポイントは多数あります。


>> 本日のバイナリーオプション攻略ブログの詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】