出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

【2018/06/12】米朝首脳会談への期待でドル円は上昇。無事通過ならさらに上昇あるか

 

バイナリーオプション攻略ブログ6月12日更新分、行ってみましょう~

米朝首脳会談への期待でドル円は上昇

20180612a
ドル円、上昇しましたね。 現在110.27円。 昨日の攻略を振り返ると、スタートがオレンジの200MAと黄色い25MAが触れたあたりからだったんですね。 そこから一気に上昇して、一目均衡表の雲と日足の25MAを意識したラインで一度抵抗を受けています。 ここでのLOW狙いがバッチリハマり、その後緑の75MAでひっかかりつつ・・と、テクニカルツールを利用した攻略がハマる局面でした。

一目均衡表の雲を上に越えたので今は軽くなって飛んで行っていますね。 今週の世界政治的なイベントをすべて無事通過したらより上昇するのでしょうか。 とりあえず110円タッチで満足して下落というパターンにはなっていないようです。

東京時間、日経平均株価の上昇につれたのと、米朝首脳会談への期待・リスク解消で登ってきているという話です。

20180612b
日足で見ると、25MAはおろか、200MAも超えそうな勢い。 ああ、一応バイナリーオプション攻略目線で、「200MAの所で抵抗ってあったの?」というのをチェックしておきましょうか。 オレンジのあたりに、ラインを仮で引いて・・

拡大(日足から、1時間足とか、30分足とか、どんどん分足を小さくしてみる。 地図でいう詳細みたいな事。)

20180612c

5分足まで大きくしてみました。 一見、陽線ばかりで突き抜けているように見えますが、ファーストタッチから5分の間は上に抜けていないことが分かります。 90秒取引くらいならラインタッチのLOW狙いでいけていたと思います。

米・コアCPI他、アメリカの指標発表あり

10:30 AUD 住宅ローン (前月比) (4月)
10:30 AUD NAB企業信頼感指数 (5月)
13:30 JPY 第三次産業活動指数 (前月比)
14:30 EUR 仏非農業部門雇用者数 (前期比)
暫定的な CNY 中国新規借入
17:30 GBP 平均所得(含ボーナス) (4月)
17:30 GBP 求職者給付受給者数増減 (5月)

17:30 GBP 雇用者数増減 3か月/3か月 (前月比)
17:30 GBP 失業率 (4月)
18:00 EUR 現在のドイツZEWの状況 (6月)
18:00 EUR 独ZEW景気期待指数 (6月)
18:00 EUR ZEW景況感指数
20:20 USD OPEC月次報告
21:00 INR インド消費者物価指数 (前年比) (5月)
21:30 USD コアCPI (前年比) (5月)
21:30 USD コアCPI (前月比) (5月)
21:30 USD 消費者物価指数 (前月比) (5月)
03:00 USD 月次予算諸表 (5月)

今日は、米朝首脳会談の行方の方に注目が集まっていますが、指標発表でも前後するのでちゃんと注目しておきましょう。

本日のレジサポライン攻略

20180612d
ドル円1時間足で前日高値安値ラインを引いたものです。 黄色いラインが25MA(25時間移動平均線)、緑のラインが75MA(75時間移動平均線)、オレンジのラインが200MA(200時間移動平均線)を表しています。 それと網のような物が一目均衡表というツールの雲と言われているもので、この2つを使って攻略していきます。 移動平均線についてはコチラ 一目均衡表についてはコチラ

レジスタンスラインの目安・・という事で、上に突き抜けてのスタートなので1時間足で見ても上のどこでLOWを狙えばよいのか分かりません。 一応、今朝マークした最高点が110.49円あたりで、110.50円を目安として一旦落ちてきていますね。 短期的に観れば、「一番高い所で売りたい」と思っている人がいるわけで、どこまで行くか?ってのは、チキンレース状態なのはなんとなく想像つきますよね。 てことで、110.50円あたりまで・・という心理的な数値になるわけです。 こういうのは2回目、3回目となると超えてしまう可能性が高まってきますが、売り損ねた人もいると思うのでもう一度くらい110.50円の目安で狙ってもいいんじゃないかなとは思います。 その後は111円ジャストですね。

サポートラインの目安・・下はテクニカルツールが登場する前に、これも前日高値である110.115円ラインと、110円という節目が目安となります。 そして、さらに落ちたら緑の75MAや一目均衡表の雲などって所ですかね。


>> 本日のバイナリーオプション攻略ブログの詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】