出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

トレンドラインの引きかた~チャネルラインとは【完全版】

 

torendyトレンドラインの引き方の解説ページです。
トレンドラインは、ボリンジャーバンド一目均衡表と違い、FXやバイナリ―オプションの業者さんがテクニカル分析ツールとして提供してくれるものではなく、自分でラインを引かなければいけません。

トレンドラインを引いてくれるインジケーターは存在するのでそちらも紹介します。

ただ、人によっても引き方が違いますし、引いても機能するラインと、機能しないラインがあります。

FXではトレンドラインだけで大儲けしている方もいますし、ぴったりはまったラインが引けた時は、機能する確率が上がる=勝率も高まるのでバイナリーオプションの攻略としても覚えておく必要はあるでしょう。

皆さんも、今回基本的なトレンドラインの引き方を勉強してみましょう。

下落相場でのトレンドラインの引き方

下落相場では、高値と高値を結びます
image001
表① 豪ドル米ドル 1時間足チャート (赤:陽線 青:陰線)

上のチャートは、2015年11月25日以降の豪ドル米ドル、1時間足チャートですが、白のラインのように、Aの高値のひげととBの高値のひげを結んでラインを引きます。
そして、このトレンドラインをAの0.72826を高値とする下落トレンドのレジスタンスラインとして捉え、ローソク足がトレンドライン付近まで上昇してきた時には、売り(Low)でエントリーします。もし、このトレンドラインをローソク足が上抜けした場合は、下落トレンドの終わりの可能性あり、と捉えます。
今回、上のチャートでは、11月27日03:00台に、このトレンドラインに上昇を跳ね返され、10:00台にも跳ね返されていることが分かりますね。これによって、このラインの引き方が正しく、トレンドラインが効いていることが分かります。

上昇相場でのトレンドラインの引き方

上昇相場では、安値と安値を結びます
image002
表② ユーロ円 5分足チャート (赤:陽線 青:陰線)

上のチャートは、2015年11月23日のユーロ円5分足チャートですが、上のチャートの水色のラインのように、安値と安値を結んでラインを引きます。

そして、この水色のトレンドラインを今回の130円573銭を下値とする上昇トレンドのサポートラインとして捉え、ローソク足がトレンドラインまで落ちてきた時には、買い(High)でエントリーします。

もし、このトレンドラインをローソク足が下抜けた場合には、上昇トレンドの終わりの可能性あり、と捉えます。

一番良いラインの探し方

trendline4
さて、実際に引いてみると上で説明しただけでは「これでいいのか?」よく分からないと思います。

特に、3本目になりそうなローソク足の高値が生まれた時に迷いが生じます。

例えば上のシーン(ドル円日足)、②の高値が現れるまでは①の上ヒゲで結ばれていたはずですが、②が登場した事で、一瞬迷いが生じます。

しかし、これは②が高値更新したという事なので、高値と高値を結ぶという決まりで言えば白いラインが正解です。

このケースは理屈が通っているから良いとして、次のケースを見てみましょう。

trendline3

こちらは、高値と高値を結ぶという決まりで言えば、①の太い白ラインが正解ですが、②で3本目の柱になりそうなローソク足がトレンドラインに届かなかったけど、山の一つのように感じるケースです。 これは誰でも迷い、そして正解がありません。

3本のローソク足の高値で綺麗に結べるとより強いラインと言えるので、消してしまう人もいますし、一応2本とも残しておこうと、ラインだらけになってしまっている人もいます。 どちらも正解とも言えます。

image011
表⑪ NZドル米ドル 日足チャート (赤:陽線 青:陰線)
トレンドラインの引き方が分からない場合は、とにかく何本も引くこと、

そして、新しいラインを引き直した場合でも、過去のラインを消さないこと、をアドバイスしています。

2点の高値、2点の安値を結んで、そのトレンドラインに沿う形で上昇あるいは下落する場合もありますが、なかなかしっくりとしたラインが引けない場合は、プロでも何本ものラインを引き直します。これを繰り返しているうちに、引き方のコツが分かったり、しっくりとしたラインが引けるようになったりします。

上のチャートは、ニュージーランドドル米ドルの日足チャートですが、下落トレンドの場面で、実際にトレードした足跡です。まずは、AとBを結んで白いトレンドラインを引きました。順調に下落トレンドは継続し、Cのポイントで一旦上昇するものの、翌日は窓を開けて下落を再開しました。売りの圧力が強いと感じたため、今度は2本目のライン、BとCを結んで黄色いラインのトレンドラインを引き直しました。

7月半ばから、この通貨ペアは、一旦レンジ相場となり、Eのポイントで、黄色いトレンドラインに跳ね返されるものの、結局、黄色のトレンドラインを上抜け、白いトレンドラインに接近。

この場面でも一旦、Fのポイントで白のトレンドラインに跳ね返され再び下落。ただし、今度は黄色いトレンドラインがサポートするような感じで下落しているのが分かります。その後、再び横ばいを続ける形で白いトレントラインを上抜けDのポイントまで上昇します。

そしてその翌日が皆さん記憶に残っている8月24日の株価暴落、ドル円が116円まで3円一気に下落した日です。

ここで再びAとDを結んで水色のトレンドラインを引きます。9月半ばにはGのポイントで一度水色のトレンドライン接近するものの、再び下落。しかしその後、再び横ばい推移を続ける形で、水色のトレンドラインを上抜け、直近高値Gの水準を上抜け(ピンクのライン)、下落トレンドが終わり、ニュージーランドドル米ドルは上昇していくことになります。

このような感じで、トレンドが続いている限り、何本でもトレンドラインを引いてみて、トレードに役立てて下さい。

トレンドラインを自動で引いてくれるインジゲーター

trendline1
さて、自動で引いてくれるインジケーターくらい、誰かが開発しているだろうと思っていろいろ調べて使ってみました。

殆どが、使えないな・・と感じるものでしたが、使えそうなものもいくつかあったのでご紹介します。

00-LineMan_v103

2ちゃんねる発祥のインジケーター。
trendline2
2ちゃんねるの職人00(ダブルオー)さんが開発したインジケーター
00-LineMan_v103
本人公認ページ こちらでインジケーターをダウンロードできます。

これはかなり使い勝手良いです。 2点良い所があって、例えば1時間足の画面でこのインジケーターを表示させっぱなしにしていたとして、ローソク足はどんどんと増えて変わっていくじゃないですか。 それに応じて勝手に表示を変えてくれます。 他のトレンドライン自動ツールは片っ端から沢山ラインが引けてしまって使いづらいという面がありましたが、これから攻略するうえで必要な1本だけを選んで表示してくれるというのは正に欲しかった一本。

それが話が違うじゃないかという方向に思う方もいるかもしれませんが、初心者ならその都度最適なラインを見つけてくれるという解釈も出来ます。

もう一点面白いのは例えば上記の1時間足で見た時、青い下向きのトレンドラインを右側(つまりラインよりも上)にローソク足が来る事で、アラームが鳴るのです。 つまり、皆大好きなシグナル(サイン)ツールなんですね。

下落トレンドラインを上に抜けたからこれから上昇トレンドになるというサインを音で示してくれるのです。

この場合、丁度前日安値ラインという壁があって本当かな・・と怪しいのですがサインとしては買いのサインです。

ご丁寧に上向きの↑も出ています。

2ちゃんねらーの日本人が開発したという事もあり、とても親切です。

基本的にはFX用なのでシグナルサインが出る前に、この青い壁に当たったらLOWを狙うというのがバイナリーオプション的な使い方ですが、身軽になって上に行きやすいという事を考えると、サイン後に日本業者のバイナリーオプションで終了時間のラインを見つけてHIGHを狙うのも一つの攻略の手段だと思います。

GhaniFx_Auto Trend Lines

trendline3
もう一つが、
GhaniFx_Auto Trend Lines

です。 こちらは、先ほどの00-LineManのように1本だけを選んでくれるものではありませんが、最初に紹介した

①高値と高値を結びましょう。

②ローソク足が増えてしっくりこないなと思ったら引き足しましょう。

という基本的な引き方に忠実なのでこれは良いと思いました。 先ほど例でも出したこの画像のこの白いライン、実はGhaniFx_Auto Trend Linesが自動で生成したラインです。

少なからず多からずの生成数なのでこちらも使えるトレンドライン自動生成ツールとして認定してよいでしょう。

実際の相場で検証してみます

image003
表③ ユーロ円 5分足チャート (赤:陽線 青:陰線)

17:00台に131円034銭の高値をつけその後下落。18:00台に130円77銭で、水色のトレンドライン(サポートライン)に跳ね返され、再び上昇に転じているのが分かります。
image004
表④ ユーロ円 5分足チャート (赤:陽線 青:陰線)

image005
表⑤ 上のチャート緑の枠の拡大

20:00台に入ってローソク足が、長めの陰線を形成し(A)、トレンドの終わりの可能性を示唆しています。

この時、大切なことは、次のローソク足(B)です。もし、次の足(B)が完全にトレンドラインの下に潜り込んでしまったら、そこで撤退しますが、今回は下ひげを引いて、陽線でトレンドラインの上に乗ってきています。下ひげ陽線ですから、反転の可能性と捉え、ここは待ち!です。

ポイントとして、トレンドラインを割り込んでも、完全にローソク足が出来上がるまでは、判断してはいけない、ということを覚えておいて下さい。もし、まだトレードに慣れていなくて怖いようであれば、もちろん、トレンドラインを割り込んだ時に撤退して、利益確定でも良いと思います。

また、半分だけ利確という手もあります。

その後の動きを観察すると、ローソク足のひげの部分はトレンドラインの下に出るものの、実体部分はトレンドラインの上でサポートされています。
image006
表⑥ ユーロ円 5分足チャート (赤:陽線 青:陰線)

21時台に入り、再びトレンドラインの上で堅調に推移し、17:00台につけた高値を更新します。
image007
表⑦ ユーロ円 5分足チャート (赤:陽線 青:陰線)

image008
表⑧ 緑の枠の拡大

22時台に入り、再び陰線(A)をつけ、トレンドラインの下に割り込んできました。先ほども言いましたが、次の足(B)が肝心で、その足型が確定するのを待つと、下ひげ陽線を形成し、再び上昇を示唆します。

ただし先ほどと違い、トレンドライン(サポートライン)が今度はレジスタンスラインとして、下ひげ陽線(B)の頭を抑えてしまいました。ここで、「そろそろ、今回のトレンドは終わりかも?」と撤退の準備をしつつ、下ひげ陽線なので、更に次のローソク足(C)の形成を待ちます。すると今度はCのローソク足は上ひげ陽線で、上からの下押し圧力もトレンドライン上で確認できました。「やはり、トレンドの終わりが近いかも?」とサインが出るのを待ちます。
image009
表⑨ ユーロ円 5分足チャート (赤:陽線 青:陰線)

そして、23:00台に入り、今度は上ひげ陰線を引いて、再びトレンドラインを割り込んでいきます。そして、22時台につけた直近安値は割り込んできたので、下へのリスクの高まりををここで感じ、撤退を決意しなければいけません。

そして、その後、下落トレンドが形成されていきます。
このように、トレンドラインの上に乗っている間は、落ちてきたところを、買い(HIGH)で入れば良いですが、トレンドラインを割ってきた時の見極めがポイントとなってきます。あくまで、損をしないことが一番のポイントとなりますので、トレンドラインを割ってきた時に途中で撤退することも、もちろん勝利であり、大事な資金管理の方法ですから、不安を感じるようであれば、すぐに撤退しましょう。

相場は3つしかない

相場は、下落相場、上昇相場、レンジ相場の3つしかありません。

ですから、トレンドラインはこの相場の移り目を敏感にキャッチするには有効的な手段だと思われます。

トレンドラインのここが凄い

そんなに、トレンドラインがトレードの役に立つのか?と思っている方もいらっしゃると思いますが、現在はパソコンが普及し、チャートを出せば、色々な分析ツールが使え、大変便利な環境で我々はトレードできています。

以前は、方眼紙にチャートを書いて、ラインを引いて分析していたので、ベテランのディーラ-達は、トレンドラインで分析するのが好きな方が多いと思われます。

今も方眼紙に自分でチャートを書かれている方も大勢います。

それだけ、信用している方も多いということです。
例えば、直近のチャートで、トレンドラインの凄いお話をしますと・・

image010
表⑩ ユーロドル 月足チャート (白:陽線 黒:陰線)

これは、月足のユーロドルのチャートになります。 皆さん、なかなか月足チャートなんて見ていないかもしれません。

先日のECB理事会・その後のドラギ総裁の会見で、大きくやられてしまった方もいらっしゃると思います。それは、プロやヘッジファンドも同じです。

多くのトレードをしている人々が、ユーロドルはパリティー(1.0000)を目指す、つまり大きく大きく下落すると思っていたわけです。

ところが、2000年10月安値と2001年7月安値を結んだトレンドラインは、2002年の下落場面を跳ね返し、その後ユーロドルは上昇相場となりましたが、今年2015年の3月、4月にも下落を跳ね返し、更に先月11月、そして、今回のECB理事会の場面(大幅に下落と思われた)でも見事に跳ね返しているのです。

これを見たら、トレンドラインの凄さがお分かり頂けると思います。

チャネルラインとは

よくチャンネルラインと言っている方、あるいは書かれている方を見かけますが、「チャンネル」ではなく、「チャネル」ですので、間違わないで下さいね。
image011
表⑫ ユーロ円 日足チャート (赤:陽線 青:陰線)

上のチャートはユーロ円のチャートですが、下落トレンドなので、まずは、Aのトレンドラインを引きます。

次にAのラインに平行になるようにEの安値を基準にラインを引きます。これをチャネルラインと言います。

これは安値目途を探る為に引くラインです。その後、Aのラインをブレイクし、Aのトレンドラインがしっくりこないと考え、更にCのラインを引きます。そして、同じようにFのポイントでDのチャネルラインを引きます。 その後、大まかではありますが、DやBのチャネルラインがサポートラインのように、機能しているように見えます。

これによって、チャネルラインのポイントで逆張りを推奨する本なども多く見かけますが、私はお勧めしません。

理由は簡単で、これがレンジ相場であれば、上のレジストラインでも下のサポートラインでも逆張りのトレードは良いと思いますが、トレンドの出ている、言わば強い相場の時にリスクの高い逆張りを試みるのことが、私には理解できないからです。

ですから、私はチャネルラインは引きません。

あくまで、上昇トレンドの時は買い(HIGH)から、下落トレンドの時は売り(LOW)からのエントリーがリスク軽減になると思っています。もしそれでも、逆張りしたい場合は、チャネルラインで逆張りよりも、直近高値や安値、もみ合ったチャートポイントなどでの逆張りのほうが効果的だと思っています。

皆さんもたくさん実際にラインを引いて、トレンドラインを使ってみて下さい。


>> バイナリーオプション攻略必勝法の詳細へ戻る

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】