バイナリーオプションの始め方。業者選びから口座開設・取引開始まで

 

バイナリーオプションの始め方
バイナリーオプションがどのような投資なのかは理解したけど、じゃあ何から始めたらいいの?

という初心者の方に向けて始め方を解説していきます。

このページでは、

①業者(国内or海外)を選び、
口座開設をして
③入金して取引開始

までをガイドします。

海外業者の場合は今から5分後には開始出来ます。

業者(国内or海外)を選ぼう

国内業者のトップ画面例
バイナリーオプションを始めるためには、バイナリーオプションという商品を取扱っている業者(FX会社、証券会社の事)での口座開設の手続きが必要になります。

ほとんどの業者は、Webサイト上で取引が出来ます。 スマホでもWEBサイトが見やすく操作しやすい画面を用意してあります。

単純にバイナリーオプションに興味を持っただけの方は、国内と海外どちらを選ぶか?という所からのスタートです。 

簡単に言えば、国内業者のバイナリーオプションはFXの応用版(オプション)で、海外バイナリーオプションはFXのシンプル版です。

ですので、初心者の方は先に海外業者から始めて、慣れたら国内業者にもチャレンジしてみるという流れがおすすめです。

資金はいくら必要か

投資なので資金によって、国内業者か海外業者かで迷う方がいるかもしれませんが、資金面ではどちらでも変わりません。

どちらにしても最低10000円あればそれなりに体験取引程度の取引が可能です。

ただ、国内業者だと2時間に1回という取引に限定されるので利益を上げようと思ったら1度の取引額が高くなる傾向にあります。 リスク面で考えてもやはり最初は海外業者の方がオススメでしょう。

国内業者の場合は証券会社に口座開設

ちなみに、海外業者の場合はバイナリーオプション取引だけの口座開設となりますが、国内では証券会社に投資用の口座開設をするという事になります。

GMOクリック証券のメニュー画面
GMOクリック証券のを例に挙げると、メニューに株式・投信・先物OP、FXネオ、外為OP(外為オプション)、365FX、CFD、債券、maneoという取引商品が用意されています。 この中で、外為オプションというのがバイナリーオプションの取引名です。(業者によって名称が異なります)

口座開設をするとこの全ての取引が可能になります。

つまり、取り扱っているFXや株などの取引商品の一つとしてバイナリーオプション取引も出来るという事なので口座開設も結構大変なのです。

逆に投資に興味がある方は株も先物もFX、債券その他様々な取引が出来るのでこれを機にチャレンジしてみても良いでしょう。

海外バイナリーオプション業者の選択

海外バイナリーオプション業者ランキング
海外バイナリーオプションの業者は何処を選ぶか? これは当サイトのランキングを参考にして下さい。 海外バイナリーオプション業者ランキング ※このページの一番下にも同じランキングがあります。

2014年当時は、業者の数も多く取引種類や取り扱う通貨ペアも様々でしたが、現在取引種類はどの業者も同じです。

ですので、どの業者を選んでもさほど変わりはないようになってきました。

強いて言えばハイローオーストラリアが信頼度では歴史が長く一強、取引画面の見やすさ・デザインの親しみやすさからThe Binaryジェットオプション等が同じようなもの。 オプションビット等通好みのサイトがその他で存在している。

といった分類になります。(2018年現在)

海外業者で始めようと思った方は、簡単なので直接業者のサイトに行って口座開設をするも良しですし、下に口座開設の流れも画像付きで載せましたので事前に読んでおくも良しです。

国内バイナリーオプション業者の選択

プラチナチャート
画像はGMOクリック証券のプラチナチャート。

国内バイナリーオプション業者の場合もルールは変わらない(取引のある無しはある)ですがどの業者も負けじと高性能なチャート等を用意しているので迷う所です。

バイナリーオプションだけの口座開設をするのではなく、投資口座開設をして、FXやバイナリーオプションの商品で取引をするという事になるので口座開設のハードルが高く、海外のように気軽に試してみるという訳にはいかないのです。

今現在、いろいろな国内証券会社で口座を開設中ですので国内業者のランキングはもう少々お待ちください。

今のところはYahoo!系列のオプトレ!がおすすめです。

デモ取引を国内・海外どちらもしてみるのも一つの手

demo
国内業者と海外業者でまだ決めかねている方は、デモ取引(デモトレード)をして比べてみるのも一つの手です。

バイナリーオプションのデモトレードが出来る業者はコチラ

特に国内業者の場合は、口座開設に時間がかかるので一旦デモトレードをして本当に始めようと思うのか?リスクは無いか? 楽しいか?というのを試してみましょう。

海外業者での口座開設方法実例

バイナリーオプショントップページ例
基本的にはどの業者もHP(Webサイト)を用意していますので、目立つ場所にある「口座開設」をクリックして登録画面に進みます。

業者によって異なりますが、メールアドレス1本でとりあえず登録・入金してすぐに取引できるという業者が多いのが海外バイナリーオプションの特徴でもあります。 メールアドレスはYahoo!メールやGmailでも可能です。


Trade200の口座開設方法を動画でも解説していますので動画の方が見慣れている方はコチラをご覧ください。

偽名でも取引は出来るのか

ハイローオーストラリア登録画面
メールアドレスさえ正しければ偽名でも取引自体は開始できるのでしょうか?

しかし、出金の際には本人確認が必要になるので少なくとも住所や氏名は同じである必要があるので本名が結局は必須です。

これは後でも変更できるので慌てなくても大丈夫です。

ちなみにハイローオーストラリアの場合は、最初に氏名等を入力した後、入金前に本人確認をするようになったので偽名での取引さえもできません。

という事で、入出金の為には本人確認が必要なので本名を入力しましょう。

確認メールをチェックします

口座開設画面の完了画面
口座開設の申請をしたのに音沙汰が無く始められないという方は、登録した時のメールアドレスが間違っていた可能性・もしくは迷惑メールに届いている可能性があります。

この届いたメールのURLをクリックしないと口座開設が完了しないケースが多いです。

以上で本登録が完了です

海外業者ログインボタン
その後、ログインする為のパスワードの設定や、入金前に住所など簡単な入力をして(業者によりけり)口座開設が完了です。

海外業者の場合は、本人確認が後回しなので始めたいと思ったテンションですぐに始める事が出来ます。

※先ほども書きましたが、ハイローオーストラリアは2018年現在口座開設時に本人確認が必要となりました。
ハイローオーストラリアの口座開設や本人確認・入金についての一部始終はコチラ

国内業者の口座開設

オプトレ
いかにも国内という感じのYahoo!が提携しているYJFXを例にみてみましょう。

YJFXの場合はオプトレ!という名称でバイナリーオプション取引商品を提供しています。

まず、HPに行き口座開設のボタンを押す所までは国内業者も同じです。

国内業者口座開設必要項目
違うのは、年収など、細かい質問項目がとても多い事。 リスクの知識などの有無もあります。

破産者が出ると運営そのものが社会的に悪いものだという風潮になってしまうので、確認事項が多いのです。

つまり、貴方が審査に落ちてしまう可能性もあるという事です。 今の所、年収の確認をされるような事はありませんが正しく答えて審査に落ちてしまうとしたらそれはそれで仕方がない事だと認めましょう。 知識面ではこれから覚える事もあるので若干「はい」と答えてしまうような面もありましたが・・

本人確認が口座開設と同時にある

本人確認書類アップローダ
そして口座を開設する為の本人確認が必要です。 ここが海外との違い。

詳しくはHPにありますが、例えばYJFXの場合はまず免許証。(裏は白紙なら不要)

提出可能な書類
そしてマイナンバー これらが必要でした。マイナンバーで必要なのは、通知カードか、個人番号カード、もしこれらが手元に無ければ住民票を市役所・区役所に取りに行けばマイナンバーが記載されているのでそれでも良いとの事です。

国内業者入力完了画面
アップロードの仕方は、この画面にもありますが、本人確認のご提出、マイナンバーのご登録の下に「アップロードページはコチラ」とリンクがあります。

審査に1日営業日以内と書いてあり、その後口座開設が完了となります。

IG証券の書類
日本の業者の場合、郵送による本人確認が必要な場合がほとんどで、GMOクリック証券は本人じゃなければ受け取れない(免許証を見せる)ケース、IG証券の場合はお子さんでも誰でも受け取れればOKという事でした。 YJFXは今回の件で口座開設を初めてしてみましたのでまた後日更新します。

IG証券の書類内容
書類を受け取った後は、例えばIG証券の場合はベストレシーバー(口座有効化)番号というものが届くのでそれをweb上で入力すると口座開設完了となります。 ちなみにIG証券はしばらく放っておいたら勝手に口座開設完了というメールが届きました。 営業の電話もガンガンかかってくるし解約しようかな・・等と思っています。

指定の方法で口座へ入金

ハイローオーストラリアの入金画面
バイナリーオプションで口座を開設したら、取引をするための資金を入金します。

海外のバイナリーオプション業者の場合、入金方法はいくつか選べますが、クレジットカードを利用しての入金だと手続きも簡単なのでおすすめです。

FX入金画面
日本の業者の方が、日本の銀行と提携をしていたりするので入金は少し楽です。

例えばGMOクリック証券の場合は、「入出金・振替」をクリック→即時入金サービスでご自身が口座開設している銀行のボタンをクリックすると、金額を入力する画面があり、その後連動したまま銀行のHPへ飛び、入金が即時反映されるという仕組みです。 (その為には銀行のオンライン取引の登録が必要です)

1点面倒といえば、先にFXの取引用口座に入金をしてから、そのお金をバイナリーオプション用の口座に移さないといけないという事ですが、これはここで解説するよりも各業者の案内に従う方が分かりやすいでしょう。

ちなみに、私は海外バイナリーオプションの場合はクレジット入金で、国内業者のバイナリーオプションでは楽天銀行から入金をしています。

初めての取引開始

ハイローオーストラリア取引画面
口座にお金を入れたらさっそくオプションの取引をしてみましょう。まずは慣れるために、取引最低金額で試してみることをおすすめします。

以上が始めるまでの大まかな流れとなります。

審査に数日かかる国内FX業者と違い、その場で口座開設できるのが海外バイナリーオプション業者の嬉しいところですよね。

この後の始め方・やり方が重要

この後の始め方としては、今度は例えばハイローオーストラリアにログインすると、Turboだの、HighLowだのスプレッド等、どのサイトでも3種類くらいの取引方法があります。 バイナリーオプションのやり方にて解説していますので各ルールを知っておきましょう。 国内業者と海外業者の違いもルールが分かれば明確になるのでその後に口座開設先を決めても良いでしょう。

また、海外業者の場合WEBサイト上に表示されるチャートだけを見て取引するのは勝率が悪いと思います。

よく分からないけど、LOWを押して買った、負けたを繰り返しても面白くないので次に当サイトの攻略必勝法を読んで最初の取引を始めてみましょう。 移動平均線等、為替の動きを予測する為のツールが沢山存在します。


初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2018年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】