今月のオススメはこの業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

【特集】リスク回避とは?為替・FX用語。~円が買われる理由~

 

riskコラム リスク回避について

今回のコラムでは、リスク回避について基本的におさえておきたいこと、今回の世界同時株安のリスク回避で起った変化についてお話しします。

日々更新しているバイナリーオプション予報では「リスク回避でドル円が下がった~」なんて事をよく書きますよね。 何で円が買われるのか?そのスピードは?

等を理解して取り引きの目安としましょう。

リスク回避とは?

言葉を聞いて、何となく“やばい状況から逃げる”ということはわかると思います。
投資でこの用語が使われる場合は、今回のような世界同時株安や、テロ、戦争、政情不安、大きな自然災害、金融危機などの“やばい状況”が起きたときに、一旦投資していた資金を、別のところや安全なところに移動したり、手仕舞うことを言います。「リスク回避」「リスクオフ」等といいます。

逆に、世界中が“よし、積極的に投資しよう”という時が「リスクオン」「リスクテイク」「リスク選好」と言われています。

また、当たり前のことですが、皆が損をすることは嫌なので、どうしても「リスクオン」のスピードと「リスク回避」のスピードを比べると、リスク回避のスピードの方が速く、かつ空売りや売りからでも投資に参加できる金融商品は、更なる投機によってストップロスや投げを巻き込んで、よりスピードに拍車がかかります。

リスク回避の基本パターン

リスクオフの相場展開になった場合、基本的な行動としては、もちろん安全な所に皆逃げたいわけですから、安全な商品が選ばれ逃避先となります。もちろん、一旦相場から退散することも当然の行為で、我々のような個人投資家であれば、騒ぎが治まるまで手元に資金を置いておくことも選択の1つです。

基本的なリスク回避のパターンとしては、債券が買われ、金が買われ、ドルが買われ、そして我々の円が買われます。

債券が買われる

もちろん、債券は格付けの高い安心な国債などが買われます。
image001
◎米国債10年債(利回り) 直近 日足チャート 8月21日まで(赤:陽線 緑:陰線)

上のチャートは、米国債10年債利回りのチャートです。以前のコラムでもお話ししたように、債券は利回りが低下すれば、債券価格が上がります。ですから、今回のリスク回避では、実際に債券が買われて、価格が上昇していることが分かります。以下が、債券価格のチャートです。
image002
◎米国債10年債(価格) 直近 日足チャート 8月21日まで(赤:陽線 緑:陰線)

価格を実際に見てみると、上昇していることが分かりますね。

このように、リスク回避の時には、安全な国債が買われます。

金(ゴールド)が買われる

image003
◎金(ゴールド)直近 日足チャート 8月21日まで(赤:陽線 緑:陰線)

皆さんお分かりのように、金は通貨ではないのですが、歴史で習った金本位制の名残から、紙幣の価値が無くなった時に、金だけは価値があるだろう、交換できるだろう、という昔からの安心感と、不動産のように燃えて価値がゼロになるということも考えられないので、リスクオフの時に一旦逃避先になることが多いのです。
ただ、金は持っていても利息は全くつきませんので、リスクオンの相場展開・世界的に景気が大変良い時は、売られて、人気の薄れる商品になります。
今回も一時的逃避先として金が選ばれていることが分かりますね。

円が買われる

円が買われる理由は、「円キャリートレード」という言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、金利の安い円を調達して、他の通貨・他の商品を買うという投資方法が長く世界中の投機筋に利用されていたため、リスクオフの時は、反対売買で円に買い戻すしか方法がないので、円が買われていました。現在も、円が買われる理由は、この名残なのです。咄嗟の時は、皆冷静に行動することができず、円に逃げよう、という行動がどうしても出てしまうのです。
ですから、今でも「比較的安全な通貨とされる円が買われ・・」とニュースでは必ず言っていますが、あれはウソです。皆さんご存知の通り、円が安全な通貨であるわけがないですから。

もう一つ、リスク回避の時に円が買われる理由があります。それは、日本の海外投資資産が世界第1位だということです。ですから、リスク回避場面では、どうしても手元に資金を置いておきたいのが心理ですから、海外から資金を回避します。2011年の大地震の時も、円は買われましたよね。普通に考えれば、円から逃避しないといけないのに。それくらい、日本は海外に資産があるということなのです。

ドルも買われる

米ドルは、世界の基軸通貨であることから、「有事のドル買い」という言葉があり、戦争や紛争などが起こった場合でも、最も流動性があり、安全資産として考えられています。

また、米国本土で、戦争が行われたことがなかったことも安全資産と見なされた要因の1つでした。しかし、9.11のテロでその印象は薄れ、「有事のドル買い」という以前の強い印象は薄れつつあります。

ドル円は、ドル/円なのでどちらも買われる事になりますよね。 現在はリスクオフ・・というと円買いの方が強く、ドル円は下落する傾向にあります。

その他・・

スイスフランも買われる

永世中立国であることから、特に中東・欧州で突発的な紛争やテロがあった場合に買われやすい通貨です。
ただ、スイスは、普段からスイスフラン高になりやすい通貨であるため、自国通貨防衛のために市場介入を行うので、今年2015円1月15日のスイスフランショック以降、スイスフランを買うことはリスクを伴うことを世界中に印象づけました。

今回の2015円8月の世界株安に伴うリスク回避でユーロが選ばれたのは何故?

それでは、今回のリスク回避時の動きについて検証をしてみますと、1つ今までと違う動きがでました。

債券が買われ、金が買われたことは、上記でお話ししました。円が買われたことは、皆さんご存知の通りです。

しかし今回のリスク回避で特徴的だったのは、今までと違う逃避先として「ユーロ」が選ばれたことです。

なぜ、ユーロが選ばれたかといえば、先ほど円のところでお話しした同じことが起きているからなのです。
image004
◎ユーロドル 直近 日足チャート8月21日まで(赤:陽線 青:陰線)

流通量の多い3大通貨「ドル」「円」「ユーロ」の現在の金利を比較すれば、ドル>円>ユーロとなり、ユーロを調達通貨として、他の通貨や商品を購入して運用しているため、今回のリスク回避の場面では、ユーロが買い戻され、上のチャートのようにユーロが上昇しているのです。そのため、今まではリスク回避で買われていたドルが、反対取引で今回は下落したのです。

ですから、相場が落ち着きを取り戻せば、再びユーロドルは売られることになるでしょう。

以上のようなことが起きている時は、無理な逆張りトレードは、落ちてくるナイフを掴むような行為ですので、相場に沿ったトレードをするか、相場が落ち着いてから、トレードするようにしてくださいね。


>> FX用語解説!~ドル円が動くのはなぜなのか?~の詳細へ戻る

初心者の方の始めやすさを基準に、人気業者をランキングしました。

※2017年11月最新版!

30社突破! 様々な業者で実際に出金をしたりサポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?

無料口座開設
thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

無料口座開設
jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

無料口座開設

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

無料口座開設
binary30

かつて人気だったGMOクリック証券のバイナリーオプションと同じ取引方法で今となっては他にない取引方法ですね。 1分と10分があります。 約定タイミングが自分で決められないですがカクカクしたチャートシステムを採用しているので連チャン爆発のチャンスありです

無料口座開設