講師 女性 Eye glasses teacher touching chin with index fingh
FX用語解説です。 今日はショートカバー・ロングカバーとは?

ショート(ロング)カバーとは?

20170912e
今朝(2017年9月12日)のニュースでは「ショートカバー」「ショートカバー」という単語がかなり目立ちました。 

北朝鮮リスクの話題とアメリカのハリケーンの話題で大きく下落が進んでいたのですが、その2点が同時に緩和されるニュースが流れて一気に回復に向かったというストーリーです。

ショートカバーというのは、「売られた分の買戻し」の事を指します。

ショートポジションを買い戻した状態ですね。 ポジションについてはコチラ

じゃあ、なんで「買戻し」とか「ポジションの調整」とか言わずに「ショートカバー」という言葉を使うのでしょうか?

ちなみに買われていたのが売られた場合は、”ロングカバー”です。

ショートカバーと使われる時

ショートカバーと使われる時は、「市場の動きを解説する時」です。 

例えば自分自身が「売り(ショート)」ポジションを持っていて、決算した時に「ショートカバーした」とは言わないです。 また、利益が出ていたのを決算する場合は「利益確定」と言ったり、損益が出て決算する場合は「損切」です。

ショートカバーの場合は、個人では無く全体の動きを解説する場合に使われます。 

また、利益が出てるとか損失がどうとかは関係なく、多くの人の売られたショートポジションが、買い戻されたというニュアンスです。