講師 女性 Eye glasses teacher touching chin with index fingh
FX・為替の用語解説シリーズ。

今日は”ゴールデンクロス・デッドクロス”とは?

ゴールデンクロス・デッドクロスとは?

20170830d
ゴールデンクロスとデッドクロスは、FXを始めると大体初めの方で「なんとなくわかるけど、詳しく知りたい」と思う単語です。

主に、テクニカル分析をする時に「ゴールデンクロスを狙う!」なんて攻略法で使われます。

まず先に用語の説明だけすると、

ゴールデンクロス(GC)

gc
ゴールデンクロスは上にクロスして抜けていく事を指します。 株でも多分使われる言葉です。 略してGCです。 ラジオなどの会話ではGC(ジーシー)とは言いませんが解説なんかではGCと書かれる場合もあって完全に初心者は置いてけぼりに・・

上がっていくのでゴールデン=ポジティブなイメージがありますね。

デッドクロス(DC)

dc
デッドクロスは逆で、デッド=死という事で下がっていくイメージですね。 略してDCです。 何かしらの対象・目安をクロスして下に抜けていく事です。

ゴールデンクロスの例文

20170830e
では、どんな風に使われるか? 上の図は、MT4のローソク足チャートに移動平均線というインジケータ(テクニカルツール)を表示させたものです。

簡単に言えば、攻略ツールですね。

移動平均線の攻略の仕方として、「ゴールデンクロスしたら買い」「デッドクロスしたら売り」等と書いてあることがあります。

これってかなり雑な表現ですよね。 そもそも移動平均線の使い方を知らない人が見て分かる文章じゃない。 え?何が?って思いますよね。

これは、ローソク足が移動平均線をゴールデンクロス(上に抜ける)したら、買いのサインですよ。

という事なのです。 つまり、ゴールデンクロスとデッドクロスの意味が分かっても、「どれ目線なん?」というのが分からないと始まらないのです。

一般的なGD、DCを教えます

gc
まず、ローソク足チャートが絡む場合は、ローソク足の方が主人公です。 上に抜ける場合はGC、下ならDCですね。

20170830f
さらに、こんなケースがあります。

「2本の移動平均線がGCなら買い、DCなら売り」 どっちが主役なん? ピンクのクロスした所はGCなん?DCなん?

こういうケースは、日数が短い方が主役です。 当たり前のように書かれると分からないですよね。 まあ実際上の図を見ると25日の黄色が、75日の赤を上に越した時(ゴールデンクロス)にしばらく上昇して、その後、デッドクロスしてからは下落していますよね。

あ、ついでにピンクの丸の少し左側も見てみましょうよ。 一度黄色の移動平均線が赤を上にゴールデンクロスしているのに下落してる・・って時がありますね。 これは完全に騙されましたね。 「100%なんてないけど、まあだいたいこの法則で勝てるよ」の、100%ではない部分を発見しましたね。 余談でした。

ゴールデンクロス・デッドクロスのまとめ

・交差して上に抜けていくのがゴールデンクロス(GC)
・交差して下に抜けていくのがデッドクロス(DC)

ただ、交差しているのは分かるけど、それがGCなのかDCなのか分からない事がある。

・主役はローソク足チャートが主役で、テクニカルツールに対してクロスした時を指す事が多い。 
・2つのテクニカルツールを使う場合は日数(平均する本数)が少ない数字の方目線。
・それ以外はどっち目線なのか丁寧に書いてあるサイトを選ぶべし。