管理人さん
最もバイナリーオプションと相性が良く、テクニカル分析ツールとして使えるのが一目均衡表です。

当サイトでもイチオシしています。

日々の更新ブログでも常に使っているので是非覚えておきましょう。 

FXや株での本来の使い方の説明をしつつバイナリーオプションでどう活かすか?という内容になっています。

一目均衡表とは

一目均衡表

一目均衡表とは、テクニカル分析用のインジケーターです。 MT4や各FX会社が提供しているチャートに大体デフォルトで使えるようになっている一般的なものです。

MT4に設定すると、上記のような画面になります。

①が特徴的な一目均衡表のと呼ばれるものです。

この雲は、攻略の要としているレジサポラインの立体版といってよいでしょう。 実際上の画面でもサポートラインのように機能しているのが分かりますよね?

この雲の凄い所は、ボリンジャーバンドと違って最初から形が生成されているという事です。なので利用する時は②の部分の右側。「L←」みたいな部分をクリックして、未来も表示させてあげると使いやすいです。

②が基準線(青い線)

③が転換線(赤い線)

となり、この2つの線は移動平均線と同じような働きをします。

もう一つ、ここでは表示されていませんが遅行スパンという線も表示させる事が出来ます。 これはチャートの動きをそのまま後ろにズラして表示させたものです。

一目均衡表を開発した人によるとこの線も重要だという事ですが、バイナリーオプションではあまり使わないので割愛します。 私は設定で、表示させないにしています。

一目均衡表の設定方法

一目均衡表の設定方法
一目均衡表は、殆どのチャートに標準装備されているので、日本語のチャートなら「一目均衡表」というのをクリックすればOKです。

海外のMT4の場合は、Ichimo kuKinko Hyoという表記で左下の罫線分析ツール→トレンド の中にありました。 これを右にドラッグして使います。

設定値は、変更をしません。 多くの人と同じものを見ていた方が良いので単純に使う場合は設定を変更しても仕方がないだろうという意味です。

一目均衡表の基本的な使い方

ドル円チャート
まずは、動きの特徴を。

雲の使い方

先ほどの1枚目の画像のように雲の入口で綺麗に跳ね返る事もありますが、雲は平行のラインと違うので、このように潜ってくる事もあります。 潜っている間、ローソク足は抵抗を受けている事をイメージして下さい。

抵抗を受けながらも勢いが強ければぐぐぐっと抜けようと頑張っているイメージです。 揉み合っているというような言い方をよくしますね。

この雲を上に抜ければ、そのまま上昇、抜けずに抵抗が勝てば下落というのがセオリーで、今度はその雲が逆の抵抗となります。

つまり、雲は抵抗の塊のようなものです。

FXの場合は「雲を上に抜けたら買い、雲を下に抜けたら売りのサイン」と言われています。 雲の中にいる時は、もみ合っているからどちらに抜けるか様子を見ようというような使い方をします。

基準線と転換線

基準線と転換線
基準線や転換線は、移動平均線に似ています。

平行になる事が多く、平行ならもみ合い中、上を向いていたら上昇基調、下を向いていたら下落基調という説明がよくありますが、チャートの動きを見ればわかるのでそれだけじゃピンと来ません。

それよりは、この線が移動平均線同様に抵抗として考えられるという方が普通に取引に使えます。

例えばこの画像はドル円1時間足ですが、①のあたり、青い基準線で支えられています。 これは偶然では無くよくある現象で、抵抗線・支持線として使えるという解説もされています。

そしてもう一つ、説明しておかないといけないのが②のクロス。 移動平均線だけでなくテクニカル分析で売買のサインとなる事から重視されているゴールデンクロス・デッドクロスと同じ役割をします。

その時に、転換線が主役で、基準線が基準となる事を覚えておきます。

  • 転換線が下から基準線を上回ったらゴールデンクロス
  • 転換線が上からきて基準線を下回ったら、デッドクロス

です。 そしてそれぞれを、好転逆転という言い方をします。

FXの場合は、好転で買いのサイン、逆転で売りのサインです。

一目均衡表のバイナリーオプションでの使い方

20180802f
※ドル円1時間足です。

バイナリーオプションの場合は、雲を抵抗として、抵抗を受けた時の反発・を狙う逆張りが有効です。 FXのように抵抗を抜けた後に順張りというのも一つの手ではありますが数分単位の取引の時に逆張りはかなり勝率が高くおすすめの攻略方法です。

その1、雲に入ろうとする時の抵抗を利用して逆張り

雲の外から雲に向かっている時・・雲の入り口で逆張り

雲の中から外に出ようとするとき・・雲の出口で逆張り

基本的にこの雲の部分がバリアのようになっているのですから、近づけばビリビリって跳ね返されるような動きをします。

その他の移動平均線等でもそうですが、ファーストタッチが最も強い抵抗が発生します。

その2、雲の中から出ようとする時の抵抗で逆張り

それでも雲の中に入ったら、今度は雲の中が居心地よくて外に出ようとするときにピリっとしてやっぱり中に戻ろうとする動きをします。

②を見ると、一度雲に入った後、やっぱり出ようと上昇するも雲の出口で抵抗にあって沈んでいるのが分かります。

抵抗を受けている数分間を狙うということ

結果的に、雲の中に入ろうとして入る、雲の中から出ようとして出るという事はありますが、バイナリーオプションでは30秒~という超短期取引が出来る為、抵抗を受けている間に取引が終了するというのが狙いです。

「この辺に抵抗がある」という事があらかじめ分かっているので、そこから上がるか?下がるか?を予測する事は容易に出来るわけです。

具体例

一目均衡表の使い方
一目均衡表で具体的に何分足で見て何分取引して・・というのを具体的に例として書いておきます。

これと同じやり方をすれば少なくとも貴方にとっての勝率の高いエントリーポイントが一つ増える事になり、利益を生むことになります。

まず、1時間足で狙いをつけます。 例えばこのドル円1時間足だと、下の雲にこれから雲に近づくなという所です。 仮で雲の入り口に線を引き、本当に近づいて来たらチャンス到来。

20180802h
より正確に取引をしたいので5分足に画面を映します。

MT4の場合は1時間足で引いたラインがそのまま残っているので拡大したような図になりライン辺りでHIGHを狙います。

基準線は移動平均線や前日高値安値ラインのように抵抗線として逆張りに利用。こちらも1時間足のを見て引きます。  赤い転換線の方はあまり勝率が高くないように感じるので利用していません。

5分足等で表示される線は使用しません。雲はついつい利用しちゃう。

まとめ

  • 一目均衡表はバイナリーオプション攻略に最適なインジケーターの一つ(トップ3に入る)
  • デフォルトで表示される雲・基準線・転換線、全てが抵抗・支持線となる。雲の場合は抵抗・支持が線では無く塊というイメージ。
  • 雲は入る時と出る時が強い抵抗となる。
  • 1時間足で見て取引をする。
  • 勝率高いのでオススメ。