ストキャスティクス

バイナリーオプションを攻略する上で参考・目安になるインジケーターとして人気のストキャスティクスを紹介します。

ストキャスティクスはオシレーター系の代表的インジケーター

オシレーター系の説明

ストキャスティクスはオシレーター系の中でもMACD、RSIと並んで人気のインジケーターです。 オシレーター系のインジケーターは、「売られすぎ」「買われすぎ」を示してくれます。

上の80%という点線を上に超えたら買われすぎだからそろそろ下に落ちるでしょう(LOWを狙おう)

下の20%という点線を下に抜けたら売られすぎだからそろそろ上昇するだろう(HIGHを狙おう)

という分かりやすさからFXの場合は相場の転換の目安として使われています。

バイナリーオプションの短期取引でも、5分足で表示させて同じような使い方が出来ます。

MT4でのストキャスティクス表示例
相場は買われすぎたら売られる(下降↓)、売られすぎたら買われる(上昇↑)ので、この矢印の通りに取引をすればよいという事になります。 例えば、今現在80%の上にいて落ちようとしています。

今、正にLOWの買い時を示してくれているのです。 この後どうなったか気になりますか?

ストキャスティクスのサイン
実際に、ストキャスティクスが示した売りのサイン通りにドル円相場は下落をしました。

MT4での設定方法

stchasticsoscillator4

ストキャスティクスは有名なインジケーターなので、MT4以外のツールにも標準装備されている事が多いです。

MT4での設定方法は、インディケータ>オシレーター>Stochastic Oscillatorを見つけて右側にドラッグします。

MT4やMT5の場合は必ず入っていますからダウンロードやインストールをする必要がありません。

上のメニューで挿入→罫線分析ツール→オシレーター→Stochastic Oscillatorという手順でも導入できます。

設定値はデフォルトで


※参考動画

最初の設定はお約束通り「デフォルト」でOKでしょう。

2本のラインがストキャスティクスの人気の秘訣

ストキャスティクスの設定

数あるオシレーター系のインジケーターの中でなぜストキャスティクスが人気なのか?というと、二つの線で表示されるからだと私は思っています。

FXをする人は、2本の線が大好きだからです。 ゴールデンクロス・デッドクロスが大好きだからです。

何故なら、FXは値幅が利益になるので大きく動くタイミングが知りたいのです。

指標の細かい計算方法はさておき、ストキャスティクスには2本のラインはそれぞれ

赤・・%D線といいます。
青・・%K線といいます。

青の線が赤い線を追いかけるようにして推移していき、青の線が赤い線を抜けた時(交差した時)が買い時という移動平均線を二本いれたような使い方と、

20%以下の今が売られすぎだから買い時という二つの条件を一つのインジケーターで示すことが出来るので人気が高いのです。

つまり、

  1. 20%か、80%を超えていて
  2. 青い線が赤い線をクロスして転換してきた時
  3. 買いのサイン

という事です。

バイナリーオプションの場合でも、これから上昇するという事が分かっていれば、「上昇」という取引をするだけですからバイナリーオプションでも有効に使えるというわけです。

実際に使ったレビュー・評価

実際に使った取引例
使い方としては、国内業者の場合は1時間足単位で見て、例えば80%を超えて山を描いて下に向かいそうだなという時に、目標レートを設定してローを狙うという使い方が一般的です。

ただ、割と裏切られてそのまま80%近くをウロウロする事も多々あり、個人的にはあまり信用していないので国内業者では使いづらいと思います。

短期取引の場合は、エントリーポイントが曖昧で初心者がすぐに勝てるインジケーターではありません。

例えば、
ストキャスティクスの上昇サイン
20%より下まで来たら、↑上昇のサイン。しかもクロスしているからエントリーポイントだという事は分かったとして、それがクロスした時の①なのか、もう戻り始めてるからもう買った方が良い②なのか、20%の点線という目安があってこれを超えた③こそ買い時なのかが明確ではありません。

何故なら、どういう取引をするかによって異なるので「あとは自分自身で勝利をつかもう」程度にしか解説していないからです。

例えば、

  1. 相場が落ち着いている時
  2. ドル円相場の5分足で表示
  3. ハイローオーストラリアという業者の3分取引

という条件の場合は、②が勝率高かったです。

stchasticsoscillator8
例えばドル円5分足での1場面ですが1のあたりでLOWを買ったら、また上昇してきた時の負けパターンです。

意外と騙されることが多く何か別のツールと併用すると良いでしょう。

私は結局あまり参考にしなくなって外してしまいました。

ストキャスティクスは角度が鋭角な時が真の狙い目説

追記で、ストキャスティクスの角度が鋭角な時を狙おうという話です。
ストキャスティクスの角度

黄色い四角で囲った時のように、青い線が鋭角にするどく突っ込もうとしている時が真の狙い目だという方もいます。

確かに少し前にも同じく80%の上から条件通りクロスして落ちてきていますが、その時は緩やかであった事が分かります。

つまり、今がチャンス!!という事です。
20140415d

ちなみにこの時のローソク足やボリンジャーバンドの様子はこう。

ボリンジャーバンドは上のラインにタッチした時が反転のサインなので、「いまLOW狙いじゃないよね」と思うのですが、ストキャスティクスはシグナルサインを出しています。

20140415f

その後をレポートするとしっかり落ちてきました。

このように「本当にその通り動いた」という経験を何度もすると信者になるのでこの手法を強く推している人もたくさんいます。

ただ、鋭角な時こそ買いという理屈も、FXの「より多く儲けるポイントを探す」という視点から来ているので短期取引では使いづらかったです。

国内業者の場合は視点としてはかなり良く、また幾つかのインジケーターを組み合わせて条件を絞っていくことが攻略に繋がるので、

ストキャスティクスが鋭角にクロスした時だけ信じるという条件として追加する事は一つの手です。