管理人さん
FXのテクニカル分析(インジケーター)のうち、トレンドタイプであるものに移動平均線やボリンジャーバンドがあげられます。一方、オシレータータイプには今回紹介するRSIやストキャスティクスなどがあげられます。 (トレンドタイプ=相場の方向性を知るのに用いる。 オシレータータイプ=現在上昇しすぎ・下降しすぎを知る為に用いる)

RSIについての解説記事です。

RSIとは?

今回、ご紹介する「RSI」も同じようにオシレータータイプのテクニカル分析になり、現在もっとも人気のある分析のひとつと言えます。

ストキャスティクスと同じように「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を表示することで、相場の天井や底を予測するオシレータータイプのテクニカル指標。その中でも、RSIの人気が高い理由のひとつにダマシが少ないということがあげられるでしょう。

ストキャスティクスの場合、どうしても2本のラインを見ながら分析をおこなうため、ダマシに合うことがしばしばありました。しかし、RSIではラインは基本的には1本、パラメーターも70%以上だと買われ過ぎで「売りサイン」、30%以下だと「売られ過ぎ」で買いサインとなります。

 

このシンプルな指標が多くの有名ブロガーの間でも支持され、いつの間にかオシレータータイプの中でトップクラスの地位を獲得したのです。

 

RSIの設置方法

20140326b
全画面の左下にあるナビゲーター→カスタムインジケーター→RSIを右の画面にドラッグする
OR
上のメニューの挿入→罫線分析ツール→オシレーター→Relative Strength Index を選択。

するとこのような画面になります。 期間がデフォルトでは14ですが短期向けに5くらいに設置しました。 これはどのくらいの期間の平均を取るか?というもので、期間が短い方がシグナルが頻繁に出やすい(線を越えやすい)。 その代りダマしも多くなりますがこのくらいがちょうどいいと思います。

20140326c
下の画面が今回設置したRSIです。 オレンジの枠内に注目すると、白い点線を超えたサインでローソク足が反転しているのが分かると思います。 買われ「過ぎ」だから反転。売られ「過ぎ」だから反転 という合図になります。

ボリンジャーバンド同様トレンドが発生(急に上昇したり下降したり)している時はアテにならず、レンジ相場中(波が落ち着いている時)にこそ、力を発揮します。 12時~15時くらいのUSD/JPYとかは落ち着いているのでオススメです。

具体的には、例えば真ん中のオレンジの時を見てみましょうか。
1・・・下降気味で、ボリンジャーバンドの線にタッチしそうだ。
2・・・RSIで線を割った! そろそろ上昇だ→バイナリーオプションのサイトの画面でHIGHでの購入準備。
3・・・タッチして反転して上昇を確認してHIGHで購入。

といった流れです。 バイナリーオプションの場合、「分かっていても購入の微妙なタイミングが難しいんだよっ!」というのが誰もが思う事ですよね・・ 私の場合は、やっぱり「ちゃんと反転したのを確認してから」が勝率高いです。 実際上の画像でもワンテンポ遅れてから購入してもOKな事がイメージできると思います。

ボリンジャーバンドにこのRSIを組み合わせるのは初心者にも理解しやすく非常にオススメです。