出金も安心のオススメ業者!
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍の高利益率と、出金も最短翌日での安心対応。バックグラウンドがしっかりしていて信頼があり爆発的に人気。
すぐに諦めず、じっくりチャレンジすることをオススメします。

特典・キャンペーン
新規口座開設して取引するだけで5,000円キャッシュバック

無料口座開設 >>

ストライクEXとサポートインジケーターの評価は★★実際に使ったレビュー

 

YOUTUBEではたけ氏という方が販売しているストライクEXはどのようなものなのか?

そして検索をすると別で売られている、「このインジケーターと組み合わせると最強」という便乗かつ、勝手に販売しちゃだめだろう・・というものもありまして、サポートインジケーターってこれでしょう?というものを実際に購入して紹介していきます。

ストライクEXとは

ストライクEX
裁量無し(サイン通りのエントリー)で勝率80%超えという、夢のような謳い文句の有料バイナリーオプション取引専用ツール。

価格は定価が19万9千円→79,800円と非常に高額です。

それでも、お金を増やすツールなので80%の勝率ならあっという間に元が取れるという心理が働き売れてしまうものなのです。

ストライクEXの使い方

勝ちパターン
使い方はシンプルでこれも好感が持てます。 最初に矢印が出ます。 この矢印は消える事もありますが、エントリーのタイミングは次のローソク足の出現と同時なので、裁量がいりません。

1分足推奨ですが、5分足の方が案外良いかもしれません。 1時間足や4時間足の方が本来は勝率が高まるのが一般的ですが逆に勝率が下がる事が多く、短期取引に特化していると思います。 

推奨通貨ペアは勝率が出るので「その時勝率の良い通貨ペア」というのも説得力があります。

上の画像の場合、上向きの矢印が出たら、次のローソク足でHIGHを買うというサインです。

結果は陽線なので結果は勝ちです。

パターン2マーチン
もし、結果が×だったとしても、チャンスはまだ終わっていません。 次のローソク足で倍の金額を(マーチン)投資する事によって、勝てば負けを取り返してさらに勝つことが出来るのです。

負けパターン
しかし、2連続負ける事もあります。 これ以上は追わないというのがルールです。

これらの結果を隠す事なく表示させているので好感が持てるインジケーターなのです。 

これで勝率が80%なら凄いじゃないですか!8万円だって安いものです!

ストライクEXの勝率はそもそも間違い

ストライクEX勝率
しかし、残念な事にストライクEXが示す勝率は間違っています。

インジケーターを入れた後、確認すればすぐに分かる事なのですがなぜこれが話題になっていないのかが不思議です。

ストライクEXを導入すると、一定の過去に遡ってサインと結果を出して、勝率も出しています。 勝率が70%と表示されています。

これは凄い事ですが実際に結果を見てみましょう。

勝ちパターン
まず、パターン1
完全勝利パターンは25回でした。 51回中25回なら勝率は50%くらい。 適当にやっているのと変わりません。

パターン2マーチン
負けた後に再度投資して勝つパターンが、その2です。 51回中、7回でした。 これは勝ちと負けが1回ずつなので勝率で言えばプラスマイナス0です。

負けパターン
そして、2連続で負けるパターンがその3で、51回中、15回でした。

この結果を、パターン2も勝ちとみなして表示しているので、51回中 勝ち36回 負け15回で勝率70.6%と表示させている状態です。

しかし、勝ちと負けの結果で見れば、連続で取引しているケースも含めると総取引数は51回+やり直しの22回=73回。 そのうちの勝ちは36回なので、ほぼ50%という事になります。

これでは、デタラメにHIGHかLOWか出るツールと全く変わりません。

パターン2と3で試しにマーチンゲール法と言われる倍額投資をしたと想定して、1回10,000円の取引だったとします。 分かりやすく、大甘の2倍で損益を計算してみましょう。

  • パターン1での勝ち・・250,000円の利益(10,000円×25回の勝ち)
  • パターン2での勝ち・・70,000円の利益(10,000円負けて、20,000円をかけて勝ち、40,000円戻ってくるので利益は10,000円×7回)
  • パターン3での負け・・45,0000円の損失(10,000円負けて、20,000円負けて、30,000円の損失×15回)

結果は、13万円の損失です。

勝率70%なのに、13万円の損失を出してしまうのです。

そもそもの勝率は50%で、倍率2倍ならプラスマイナス0のはずなのに、マーチンゲールで追いかけ取引をする事で13万円もの損失になってしまっているのです。

1回目の勝率が50%で、2回目(1度負けて追いかけ取引)の勝率は31%しかありません。 勝率70%では相当負けている状態なのです。

インジケーターと相性が良く、勝ちが続く相場・負けが続く相場という概念はあります。 なので勝率を出す事で、色んな通貨ペアで表示させて現在勝率の良い通貨ペアで取引をしましょう。というガイダンスも好感が持てますが、勝率自体が曖昧(1回目で勝っているのか2回目も含めて勝っているのかが不明)なので個人的には無料でもらっても使いたいと思わないインジケーターです。 組み合わせる事で使えるという方もいますが、ADX系の無料インジケーターで十分です。

マーチンゲール法を使った上での勝率を出すのは海外の人もよくやる常套手段で、慣れている人の場合は購入前の質問で「マーチンはアリですか?」と聞く人もよくある光景なので覚えておきましょう。 

ストライクEXのサポートインジケーターとは

ストライクEX+サポートインジケーター
ついでに解説をすると、ストライクEXにさらにインジケーターを表示させて勝率を高める方法も販売されています。
(※こちらは、ストライクEXも勝手にセットで低価格で販売しているので違法の可能性が非常に高いです)

内容は簡単で、当サイトでも紹介していましたレジスタンスライン・サポートラインを表示させる系のインジケーターと、ボリンジャーバンドも組み合わせましょうというものです。

レジサポラインを自動で表示させてくれるインジケーター

ボリンジャーバンド

基本的な組み合わせ方は、レジサポラインの点とストライクEXの矢印が一致したらエントリー(取引)しましょうというものです。

バンドウォーク
ただ、ボリンジャーバンドがバンドウォーク状態の時は、トレンド発生と見て負ける事もありますよ。

というものです。

確かに勝率は高いと思いますが、そもそもレジスタンスライン・サポートラインで取引する事自体の勝率が高く、かつ重なる時が相場によっては数時間見ていても一度も現れないという事もザラです。 これで満足のいく結果を出せる人は少ないと思います。 

そして、このやり方でやるなら、真っ先にストライクEXの代わりになるものを探そうとなるはずです。 

そうなってくるとそれ以外の2本は元々無料ですし、使い方も当サイトでも無料で紹介していますので、有料のものである価値はないと言ってよいでしょう。

結論

人様の販売しているものなので完全否定するにはそれなりの理由が必要です。 

勝率がそもそも間違いという点は批判する大きな一つの理由になりますが、アラート機能もありますし、何か使い道はないのでしょうか。

いくつかのインジケーターを表示させておき平行して使うのがMT4の使い方としては正攻法で、勝率はともかくその一つとして表示させておき他のインジケーターと組み合わせられれば良いのですが、使っているうちにいらないな・・邪魔だな、とレギュラーから外されるものだなと思っています。 

ただ、勝率がしっかり出るのは使いようがあります。

ストライクEX
例えば、2018年11月16日現在、ドル円は横這いの動きが続いており、テクニカル分析が示す抵抗線や支持線に対して素直な動きをするとても勝率の高い相場でした。 そんな時はやはりこのストライクEXも良い勝率を示していました。 つまり、このように勝率が出るとこのインジケーターに限らず、テクニカル分析に対して勝率の良い相場であるという目安にはなるかもしれません。(1分足、5分足に限る) 

ですので、各種通貨ペアで表示させておき、勝率の良い通貨ペアで「勝率が良いから強気で取引しよう」という使い方をする事が出来ます。 

ただ、それだけで使うには値段が高すぎます。 私は知り合いの方やこのサイトを訪問してくださった方に推薦はしません。 止めもしませんが。

せっかく買ったからと信頼して購入者の方の損失が膨らまないかがとても心配です。

リペイント等でごまかさず、結果をきちんと残し、勝率を提示している姿勢はとても好感が持てますので次回作に期待はしています。

個人的な評価は★★です。

販売者情報

他のツールで同じ会社なのかなどの参考になると思うので、販売者情報も記録しておくことにしました。

会社名
LIQUE pte. ltd
販売者
keita sugimoto
住所
60 HAVELOCK ROAD #05-13 Singapore

シンガポールに会社を設立して日本人が販売しているようです。

ストライクEXはどこで購入できるのか

ストライクEXの購入ページはこちらです。 PRをするつもりはありませんが情報の一つとして記載しておきます。
https://va-awa.com/strikeex1/

億トレと内容は同じ

もう一点、情報としてはバイナリーオプションの有料ツールとして一時期よく広告を目にした通称「億トレ」と内容は全く同じとの口コミがありました。 


>> バイナリーオプションの攻略ツールとは?まとめの詳細へ戻る

関連ページ

初心者でも始めやすい!バイナリーオプション業者ランキング

※2019年最新版!

比較業者30社突破!様々な業者で実際に出金をしたり、サポートの良し悪しを体験している筆者が厳選しています。

初心者向けに、人気・プラットフォームの分かりやすさ・出金報告の高い安心度・ボーナス条件・初回入金の金額・最低取引金額などを総合してランキングしています。

【デモ有】を追加しました。

※特に最近は口コミや実際に使ってみて出金の安心度を重視しています。

ハイローオーストラリア

ペイアウト倍率が2倍のスプレッドハイローが人気なのと、バックグラウンドがしっかりしているという事で信頼があり爆発的に人気なのがハイローオーストラリア。デモが登録いらずで使いやすいので試してみてはいかがでしょうか?【デモ有】

thebinary

最速出金を謳っていて、ハイローオーストラリア同様安心して始められます。30秒取引も推しており、プラットフォームが使いやすいので初心者にオススメです

jetoption

初心者にオススメの3条件がそろっています。最低入金が10,000円で、100円の取り引きも出来て、なおかつ(最初だけ?)ペイアウト率が2倍を超えています。最初はここからスタートしてもよさそうですね。

Trade200

ペイアウト率がなんと200%の取引「リターン200」が話題の業者。取引方法もシンプルでわかりやすい!

Sonicoption

初心者の利用率ダントツ1位。スプレットなしの簡単な取引と操作しやすい取引画面が人気です。ここはキャンペーンが他よりも優れていてボーナスを出金条件緩めで受け取れるのがミソです。2015年のイチオシは、SonicOptionからスタート。

Binary13(バイナリー13)

新しいサイト。 デモがすぐ使えます。 シェアというサービスが新しめ。 これは盛り上がって沢山の人が参加すると配当が多くなるのでこれからに期待。【デモ有】

theoption(ザオプション)

為替だけでなく、株や商品先物も取り扱いが今後ありそうなサイト。 ニュージーランドドルの通貨ペアの取引が出来るのとチャートがカクカクしていて目押しできるかもしれない点が特徴。【デモ有】


ハイローオーストラリア