山手敏郎
新年早々、国内でもほとんど正月モードだった1月3日午前7時37分ごろドル円が久々にフラッシュクラッシュともいうべき瞬間暴落に見舞われることとなってしまいました。

今日のお勉強ブログはこのことを絡めて2019年の為替について解説します。

フラッシュクラッシュとは

フラッシュクラッシュ
ドル円5分足 1月3日暴落時

フラッシュクラッシュとはその名の通り、瞬間的に株価等が暴落する事です。 要因はその時によって違います。

2019年の新春早々にクラッシュが起きた要因は複合的なもので、決して一つの材料だけから起きたものではなさそうです。

とにかくNYタイムとお休みの東京タイムのはざまを狙ってほとんど取引のない時間帯を縫って大きな売りがでたことに起因して相場が予想外に下がってしまい、その動きに連動するようなアルゴリズムの動きが売りを加速させたものであろうというのが巷の見解になりつつあります。

きっかけはアップル株の下落だという話もでていますが、直接的にアップルの株が売られたから円高になったというのはいささか拙速すぎで、下押しを狙った向きがなにかきっかけとなる材料を探していたことだけは間違いなさそうです。

こうした突発的な為替相場の下落がドル円に起きたのは久々の感がありますが、テクニカル的にも昨年8月の109.77円レベルを下抜けたことから多くの市場参加者が相場の三角持ち合いからの下抜けを狙っていた可能性は高そうです。

気をつけなくてはならないのはここから数か月の東京タイムのドル円動向

今回は確かに104円前後、酷い業者では103円台までつける激しい下押しを示現したドル円でしたが、店頭FX業者によってその値はまちまちであり、暴落とともに値を消した業者さえあったわけですからオフィシャルにいくらまで下げたかははっきりとわからない状況で、公式的な下げという感じでi意識されていないのが実情です。

過去にも同様の休日の薄い時間帯でのドル円の下げというのは何度も起きていますが、だいたいその後もっとも取引の多い東京タイムでオフィシャルな下げを見に行くことが非常に多くなりますので、ここからの東京タイムのドル円の動向にはかなり注意することが必要になるのではいでしょうか。

今のところ正月休みの真空タイムでほとんど買いオーダーもなかった104円から108.600円レベルまで戻した感じですが、ここから上の109円台や110円台はやれやれ売りもでるでしょうし、しぶとく残っていたロングポジションのほどき売りがでることから簡単には上昇しなくなることが予想され、再度下を試す時間が春先までに再来する可能性がかなり高くなりそうです。

日米貿易協定の協議開催、BREXITの英国下院投票も相場下落要因

一旦は落ち着いたかのように見えるドル円ですが、7日以降はいよいよ日米の次官級レベルによる貿易協定の交渉がはじまり、日本政府が事ある毎に否定してきた為替条項をこうした内容に織り込むかどうかもかなり鮮明になってくるものと思われます。

とくにトランプ大統領がツイートでこの件に対して何かを発言すればいきなり円高にシフトすることになりそれをきっかけにして再度105円方向を狙いに行く動きが再発するリスクも高くなりそうです。

またBREXITをめぐる英国下院の投票は14日の週から始まるとされていますので、こちらも想定外の無条件で合意なき離脱が近づいた場合ポンドが激しく売られることにともなって円高が示現することになりますから要注意です。

昨年10月には114円台をつけていたドル円ですが、気がつくと戻ったとは言っても108円台をうろうろしているわけですから、再度104円だ103円だをつけにいくのはそう遠い距離ではないことをよく認識しておく必要がありそうです。

昨年は115円~105円レベルぐらいがドル円の基本的なレンジ幅でしたが今年は110円~100円、もしくはそれより下のレベルを模索する可能性はかなりありそうで、とくに桜が咲くまでの期間は下値に対する警戒感をかなり強めておく必要がありそうです。