sensei150バイナリーオプションを攻略するために、世の中には様々な手法が出回っています。その中には有効なものもあれば、うんざりするほど無意味なものもあり、痛い目を見たという方も多いのではないでしょうか。

まして、FXやバイナリーオプションをはじめた頃は、セミナーや商材などに多くの金額を使ってしまうというのは、多くの人が経験する通過儀礼にもなっているとも言えます。

また、中には確率論を使ってバイナリーオプションを攻略できないか考えている方も多く存在します。そのひとつにカジノで用いられることの多いモンテカルロ法があげられます。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法とは、勝率が3割、払い戻し金額が3倍のときに用いられる手法です。

ですので、結論から言えば倍率1.75倍前後で勝率5割のバイナリーオプションに用いるのは効果的ではありません

でも、せっかくなのでモンテカルロ法について理解を深めて、バイナリーオプションの攻略に当てはめる事が出来るか? を検証してみましょう。

モンテカルロ法の実践

まず、「123」という数列を作り、両端の「1」と「3」を足した「4」をベット(投資金額として設定)します。

●負けた場合はベットした4を後ろに足し、「1234」という数列を作り、両端の「1」と「4」を足した「5」をベットします。

●勝った場合は、頭と後ろの2桁の数字を除外します。最初のうちは1,2,3,4しかないので終わってしまいますが、1,2,3,4,5,6なら、1と2、5と6を除外して3と4が残ります。

●数字がすべて消えるか、残り一つになったら1セット終了。 その時には必ず勝っているという方法です。

回数12345678
数式メモ12312341234512345634347347,107
賭け金456771013数字が1個なので終了
勝敗は?×××××
収支-4-9-15+6-1-11+28+28

↑最後無理やり終わらせましたが、こんなイメージ。

この他にも細かいルールはありますが、概要は上記の通りになります。

しかし、バイナリーオプションで勝率3割のルールを作ることはできても、払い戻し金額が3倍というオプションを見つけることができません。

 

稀にワンタッチなどでとても離れたところのレートにタッチすれば、そのくらいのペイアウト率が期待できることもありますが、今度は勝率が極端に低くなってしまいます。

 

バイナリーオプションでモンテカルロ法に当てはめてみると・・?

回数12345678
数式メモ12312341234512345634347347,107
賭け金400050006000700070001000013数字が1個なので終了
勝敗は?×××××
収支-4000-9000-15000-2750-9750-19750-6750-6750

とりあえずそのまま当てはめてみた結果・・

もちろん上手くいきません。 マーチンゲール法の方がまだ使えますね。

これをアレンジして上手く使えないか?

・・そもそも1/3で3倍のルーレットなどに向けて考えられた手法なのでかなり考えてみましたが上手くいきませんでしたのでこの話題はこれにて。

アレンジしたら使えるよ!っていう方いましたらメールください。