FX専門家女性
よく「バイナリーオプション スキャルピング」で検索して当サイトにいらっしゃる方がいるようなので記事にしてみたいと思います。

スキャルピングとは

まず、スキャルピングとは?から説明します。

スキャルピングとはFXで用いられる取引方法の一つです。 

バイナリーオプションでは、取引開始(購入)後、一定の時間が経つと決算となりますが、FXは自分の好きなタイミングで決算をします。

その期間によって取引スタイルが異なります。

1.一度買ったらしばらく数ヶ月から年単位で保有し続ける長期保有。 ゆったり資産を運用することができます。

2、数日から1週間ほどで手仕舞いをするスイングトレード。日足や週足などを見ながらゆったりトレードをします。一度に狙う値幅も大きくなるのが特徴です。

3、続いて、もっともメジャーであるのがデイトレードです。

一度持ったポジションは基本的にその日のうちに決済するFX王道のスタイルです。より短く、一日に何度もトレードする人もいます。

4、そして、デイトレードよりさらに細かく一日に何十回から何百回とトレードを繰り返すのがスキャルピングです。

「スキャル」とは、「動物の頭の皮をはぐ」という意味があり、その名が示す通り、一度の利益は僅かではありますが、それを繰り返すことで利益を重ねていきます。 

つまり「短期取引」です。 

20140312a
①~②はデイトレ
③~④はスキャルピング(これを細かく一日に何度もトレードする)

最近では、ネット通信などの取引環境が整備されてきたこともあり、デイトレード以上に注目を浴びている取引スタイルになってきました。

ですから、バイナリーオプション取引自体がスキャルピングのようなもので、FXでスキャルピングを得意としている方が、同じ事をバイナリーオプションでやれば利益がもっと大きいのでは?と考える方もいるでしょう。 

FXの場合は、値幅が利益になる(高く上がれば上がった分利益)ので、1分程度では大した利益にならない場合があります。

バイナリーオプションでは倍になります。

FXにおけるスキャルピング

スキャルピングの取引方法は十人十色ですが、ブレイクアウト狙いの順張り、レンジ相場での逆張り、大きく動いたあとのリバウンドなどが代表的な方法に挙げられます。

何度かバイナリーオプションで取引した事がある方ならわかると思いますが、例えば16時頃に一気に相場が動いてボリンジャーバンドを突き破って上昇し続ける・・なんて事がよくありますよね。 

そんな「分かりやすい時」に購入→すぐ売るを繰り返すのが基本的なスキャルピングの方法です。

バイナリーオプションがFXのスキャルピングと違う点は、
・倍率が決まっている。
・着地が決まっている(例:1分後に強制的に結果が出る)

という点で、既にスキャルピングをしているようなものなのです。

つまり、FXでスキャルピングで稼いでいる人が、どんな時を狙っているのか?=バイナリーオプション攻略につながります。

なので、バイナリーオプションでスキャルピングの手法を活かそうと思った場合は、

「FX スキャルピング コツ」などで調べてからエントリーするタイミングを学び、それをバイナリーオプションに活かすというのは一つの方法でしょう。

バイナリーオプションのスキャルピングのコツは?というと、”頭痛が痛い”みたいな表現だという事です。

例えばこんなスキャルピング手法があります

基本的な手法としては、市場が開く時間に相場が大きく動く事から、

簡単にメモ書きしておくと、日本時間で
冬は、
・東京市場09:00〜
・フランクフルト・パリ17:00~
・ロンドン17:00〜
・ニューヨーク22:30~

夏は、
・東京市場09:00〜
・フランクフルト・パリ16:00~
・ロンドン16:00〜
・ニューヨーク22:30~

に相場が大きく動きがちなのでこの時間に「順張り」を狙います。

ちなみに、実際にスキャルピングを意識して相場が一方的に上昇している時に1000円ずつ1分で何も考えずに5連続で買うという手法を何度か試しましたが、勝率はそんなに高くならず(多分、5割)まだ攻略法としては確立出来ていません。