ギャンブルで用いられる投資法(賭け方)をバイナリーオプションにも応用できるのか?シリーズです。

今回は「ハーフストップ法」というものについて解説したいと思います。

ハーフストップ法とは

ハーフストップ法は正確には賭け方(取引金額を替える方法)ではありません。

分類としては「資金管理法」になります。

結論を先に言うと・・

結論から言うと、FXの投資方法に当てはめやすいので為替取引の攻略法なのかと混同される方がいますが、バイナリーオプションは数分後に利益が確定してしまうのが特徴なので、攻略としては使えません。この方法を無理やり当てはめようとすると出金のタイミングはいつにするのか?という事ぐらいでしょうか。

ハーフストップ法とは以下の通りです。

最大利益の半分まで利益が減ったら終了する

少し分かりづらいでしょうか。

具体的に金額を出すと、例えば最初の資金が10万円で、調子良く30万円まで増えたとします。

この時点で、利益は+20万円です。

その後、残念ながら負けが続いてしまいました。

10万円負けて、手元に残っているお金が20万円になりました。

最大利益20万円から半分の10万円が減ったので、

この時点で取り引きを終了するという手法です。

+20万円の時点から、さらに利益が増えて+40万円になった場合は、
その時点から20万円負けたところで取り引きを終了します。

非常に簡単な手法ですが、実行するのは難しいものです。

いったん+40万円までいったんだから、また取り返せるはず

FXで一番大切なのは損切り・利益確定と言われています。

自分の中で、これだけ勝ったらやめる、これだけ負けたらやめる、利益は必ずこれくらい確保する、というルールを作って、必ずそれを守る事が、FXで成績を上げる1つのコツと言われています。

なので、FXの投資方法と非常に密接な関係があるので、バイナリーオプションにも関連がある手法なのかと思うかもしれませんが、むしろ損切や利益確定が強制的に執行されるのがバイナリーオプションの魅力です。

という事で、ハーフストップ法はFXでは有効だがバイナリーオプションでは使えません