管理人さん
グッドマン法というギャンブルの賭け方はバイナリーオプションで有効なのか?

グッドマン法についてバイナリーオプションと絡めて解説します。

グッドマン法とは

グッドマン法は、マーチンゲール法やモンテカルロ法と同様、カジノなどでのギャンブルでの”賭け方”になります。

  • 大負けはないが、大勝ちもしづらい
  • 連勝できそうな時に有効

という特徴があります。

FXやバイナリーオプションを想定すると、強いトレンドが出ている時に有効な手法のように思えます。

※トレンド相場:例えば円安傾向が続くといったように、一気に一方向に進んでいる相場のこと。

それでは、具体的な掛け方をご紹介します。

  1. 連勝した場合、掛け金を1・2・3・5と増やしていく
  2. 掛け金の上限は5まで。以降連勝しても掛け金はずっと5のまま
  3. 負けたら掛け金を1にして以下繰り返し

この手法を使って、最低単位を千円とした場合、連勝数によって収支は以下の通りになります。
(説明を簡単にするために、倍率2倍で計算しています)

0連勝(1回目で負け):-1,000円
1連勝(2回目で負け):-1,000円
2連勝(3回目で負け):0円
3連勝(4回目で負け):+1,000円
4連勝(5回目で負け):+6,000円
5連勝(6回目で負け):+11,000円
6連勝(7回目で負け):+16,000円

以上のように、4連勝以上すると勝ちが増えていく形です。

また、0~3連勝の場合も、負けが少ない点が特徴です。

グッドマン法のメリット

このややこしい賭け方には何の意味があるのか?

グッドマン法は、ざっくり言えば、連勝できる運を逃さないというメリットがあります。

ギャンブルには、運がいい時は連勝して、運が悪い時は連敗する。

強い流れや運気を感じたら迷わず賭けて勝ちを拾いにいくという要素があります。 連勝出来る時は強気でベットして運が悪い時は控えめに、熱くならない事が大事です。

連勝出来る時は大きく賭ける事になり、連敗する時は控えめに賭けるという作業を冷静に事務的にするのがこのグッドマン法の真髄なのです。

6連勝して大勝ちしたら勝ち逃げしようという前提のもと、3連勝程度の利益は拾いに行かないという手法もあります。

一口メモ

連勝する時は次も勝てる?連敗する時は控えめに? 科学的では無いし確率論としても破綻した考え方ですが、そういう事にしておかないとギャンブルの強さ・弱さが全て運で片付いてしまうのでそれでは遊戯として都合が悪いのです。

バイナリーオプションに当てはめるとどうなの

個人的な感想ですが、マーチンゲール法に批判的な事もあり、最初は「そもそも賭け方を変えるなんてどうだろうか」「マーチンゲール法に毛が生えただけじゃないか」

と思っていましたが、少し考え方を改めました。

何故ならバイナリーオプションでも勝てる時は勝てるというのは結構あるなと思うからです。

これは先ほどのギャンブルにおける「運や流れ味方にしている時」とかそういう理屈では説明できない点からではなく、為替は人が動かしているので、市場の参加数やニュース等で相場の流れというものが実際にあるからです。

しかしながら、バイナリーオプションは勝ち逃げではなく常にコツコツと利益を積み上げていく性質のものです。

私だったら積み上げた勝ちを取引額5倍で一気に失うのは勘弁ですし、少なくとも初心者の方は取引金額を固定にして勝率を上げる事に集中していただきたいと思います。