管理人さん
ギャンブルに用いられる投資法を、バイナリーオプションの必勝法と謳っている方がいるようです。

その中の一つである、ダランベール法について解説します。

バイナリーオプションでも使えるのか?使えないのか? 一緒に検証してみましょう。

ダランベール法とは

ダランベール法はギャンブルの賭け方の方法の一つです。 類似方法としてマーチンゲール法等があります。

ダランベール法は、フランスの数学者・物理学者・哲学者のジャン・ル・ロン・ダランベールが開発したと言われる手法です。

具体的な賭け方は以下の通りです。

  • 負けたら掛け金を1増やす
  • 勝ったら掛け金を1減らす

1という数値が分かりづらいですが、1000円なら、1000円増やすという事です。

1度負けたら次の賭け金が倍になるのはマーチンゲール法と同じですが、2連敗した場合、次は3000円なのでマーチンゲール法より少しソフトです。

勝ち、負けが交互になる場合はさほど効果が出ませんが、連敗・連勝が続く時に、原点近くをキープしやすい手法で、マイルドなマーチンゲール法といえるでしょう。

例えば、5連敗→5連勝の場合の累積収支は、1単位を100円とした場合、+500円になります。

回数 勝敗 掛け金 収支
1 負け 100円 -100円
2 負け 200円 -300円
3 負け 300円 -600円
4 負け 400円 -1,000円
5 負け 500円 -1,500円
6 勝ち 600円 -900円
7 勝ち 500円 -400円
8 勝ち 400円 0円
9 勝ち 300円 +300円
10 勝ち 200円 +500円

負けが続くと次回の金額が大きくなっていくということで、連敗後の勝ちで大きく取り戻すという方法です。

連勝するとどんどん掛け金が小さくなっていくので、大勝できる手法ではありません。

ダランベール法を使うと効果があるタイミングは、
「どちらかに強いトレンドが出る」と想定される場合でしょうか。

大きな経済指標が発表される時などは、強いトレンドになりがちです。
その際にダランベール法を使えば、もしトレンドを逆方向に
読んでしまったとしても、連敗→連勝という形で負け分を
取り戻しやすくなります。

しかし、実際にはあまり使う機会はないように思います。
実は本当にご紹介したいのはこの逆の手法である
「逆ダランベール法」なのですが、わかりやすくするために
まずはダランベール法を解説しました。

逆ダランベール法とは

次は逆ダランベール法の使いどころについて解説したいと思います。

具体的な掛け方は以下の通りです。

  • 勝ったら賭け金を1増やす
  • 負けら賭け金を1減らす

ダランベール法とまったく逆です。

ダランベール法と同様、勝ち負けが交互に繰り返される時はあまり効果がない方法です。

効果があるのは、連勝が続いている場合です。

そして、一度連勝が途切れも、またすぐに連勝が開始するという状況で効果を発揮します。

回数 勝敗 掛け金 収支
1 勝ち 100円 +100円
2 勝ち 200円 +300円
3 勝ち 300円 +600円
4 勝ち 400円 +1,000円
5 勝ち 500円 +1,500円
6 負け 600円 +900円
7 負け 500円 +400円
8 勝ち 400円 +800円
9 勝ち 500円 +1,300円
10 勝ち 600円 +1,900円

このような場合は、連勝で掛け金を増やしていき収支が大きくなっていきます。

一度負けた場合は掛け金を減らし、また勝ちが続くと掛け金が増えていっているのがわかると思います。

長くやっていると誰もが感じることがありますが、

「今は流れに乗っている」「予想がどんどん的中する」

といったタイミングがあらわれます。

そんな時に逆ダランベール法は力を発揮します。

流れに合わせて掛け金を大きくしていき、流れが悪くなっていったら掛け金を小さくする。

グッドマン法に近い面があります。

興味がある方が多いので解説をしましたが、個人的にはバイナリーオプションでは取引金額をあまり変えずに勝率を上げる事だけに集中した方がシンプルで良いと思います。