バイナリーオプションは、午前中の方が勝てるという説があります。 深夜に取引をしていないせいか、個人的にもこの意見には賛成です。 

その根拠を解説します。

専業主婦の方の家事がひと段落して「さて、トレードしよう」と思うのがこの午前中の時間帯です。 

お昼からお仕事がある方や、土日休みではない会社員の方の休日ということも考えられるでしょう。

実は、バイナリーオプションだけに限らず時間帯ごとの特性を考えるというのはとても大切なことなのです。

午前中はレンジ相場である事が多い説

NY市場がクローズしたあとの午前7時(夏時間は午前6時)、為替相場はしんと静まり返っています。

オセアニア勢がそろそろ目覚める時間帯も、世界の中心はと言えば夜も良いところです。

※まずは、市場の時間割を理解しておくことが大事なのでこちらをご覧ください >>外国為替市場の時間割表

この時間帯はレンジ相場である事が多いです。

価格が上昇したら売り、下落したら買い、これをコツコツと続けるだけで利益を得ることができます。

もちろんたまには大きく動いてしまう日はありますが、バイナリーオプションは落ち着いたなるべく規則性のあるレンジ相場で狙う方が勝ちやすいので午前中~お昼にかけてが勝ちやすいのです。

午前9時、日本市場がオープンするとしばらくの間は相場に活気がつきます。

仲値の決まる10時前には一方向に相場が動くことが多いので、9時~10時にかけては勝率が下がります。

つまり、午前といっても6時頃~8時台と、11時頃~14時頃くらいが為替相場の動きが落ち着く=バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯と考える人がいるという事です。

攻略の方法にもよりますが、テクニカルツール(インジケーター)で、「この値になったら一旦売りが出るであろう」という抵抗を目安に取引するとします。 

売買が盛んで買いの勢いが強すぎてもみ合いが長いと抵抗の値で思い通りの結果が得られない事があります。

勢いが落ち着いている時に抵抗の値に達すると素直な動きをする事が経験上多いです。 

ですので、個人的にも午前中はバイナリーオプションの取引に向いている・勝率が高まると考えています。

EUR/USDとUSD/JPYが午前から昼にかけてオススメ

20140408a

今現在(11:00頃)の15分足チャート。 (USD/JPY)

そして、10時を過ぎて12時くらいまでの間は再び閑散とした相場が戻ってきます。ちょうど主婦の方の家事が終わる頃でしょうか。この時間帯ではレンジ相場になることが多いので、早朝と同じようにレンジ相場狙いの手法がぴったりです。

20140408b

11:20のEUR/USD 15分足

こういうレンジ相場での波形を利用して、 バイオプ等で目押し攻略をするなら朝~15時までが適しています。

銘柄は、EUR/USD、もしくはUSD/JPYがオススメです。

ちなみに10時頃、中国やオーストラリアでは多くの指標が発表されます。中国の指標は地政学的に豪ドルに大きな影響を与えます。

中国のGDPや消費者物価指数、オーストラリアの失業率では相場が大きく動くことがあるため、この時間帯では豪ドル円などの通貨ペアでバイナリーオプションに参加するのも良いアイディアと言えるでしょう。

一方向にどーんとトレンドが発生する事があるのでそれを狙うという手法もおなじみのようです。(FXでよく聞く)

午前中の為替相場の特徴を捉えて、バイナリーオプションを攻略していきましょう!